【論田港】中海シーバスポイントマップ【安来エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

安来市赤江町にある論田港は、飯梨川と田頼川の間に位置する船溜まりです。

湾の奥まった場所にあり、潮通しがそれほど良さそうに見えないためにスルーされがちですが、このポイントはなかなかの好ポイントです。

管理人も【ろんだこう】と呼んでいますが、正式には【ろんでんこう】です。

論田港へは、飯梨川河口部(西岸)から中海沿いを道なりに行けばアクセスすることができます。

また、少々わかりにくいですが、国道9号線からは、【ドラッグストア コスモス】近くの交差点を中海方面へ進入し、道なりに行けば論田港のすぐ近くまで行くことができます。

田んぼの横の細い道路から港内の方へ入っていくと、すぐに駐車スペースが見えます。

この駐車スペースはそこそこ広いため、ちょっとした時間でも立ち寄りやすいポイントになります。

ポイント概要

水門付近に設置された仕掛け

湾の奥まった場所にあるこのポイントがなぜ好ポイントかというと、すぐ隣に田園地帯が広がっているからです。

田園地帯から水を放水するための水門が複数個所あるため、このエリアには水の流れが起こりやすく、また、水に濁りが入るのでシーバスを釣るための条件がそろうポイントになります。

このエリアでは、水門付近を狙ったかのように漁の仕掛けが設置されています。

これを見ただけでもシーバスの回遊ルートになるポイントだということがわかります。

ただし、ナイトゲームではこの仕掛けにルアーを引っ掛けてしまうことがあるので、なるべく明るいうちに仕掛けの場所を確認してきましょう。

船溜まりの出入口には東西に堤防が設置されています。

この堤防から、中海側を狙って回遊待ちをすることも可能です。

釣り方

MEMO

★シーズン:4~6、9~11月頃

★ベイト:ボラ、ママカリ、コノシロなど

★水深:やや深い

★ルアーはミノーやシンキングペンシル、バイブレーション、ジグヘッドワームなど

★水門付近狙いor回遊待ち

このポイントのベストシーズンは4~6月、9~11月頃になります。

管理人の印象としては特に春先の方がよく釣れる感じがありますが、その年その年によっても異なると思います。もちろん、真夏であっても釣れます。

ベイトはボラやママカリが多いですが、管理人はこのポイントでコノシロを釣ったことがあります。また、ハゼ釣り師もいます。特にベイトにこだわらず、その時その時の状況に対応できるようにルアーを準備しましょう。

水深はそれほど浅くはないので、様々なルアーを使うことができます。

ミノー、シンキングペンシル、バイブレーション、ジグヘッドワームなど、いろいろ試してみましょう。

メインの釣り方は、水門付近の水に濁りが入った時に、捕食モードに入ったシーバスを探すか、堤防から中海側を狙って回遊待ちをする釣り方になります。

大雨後や放水により水に濁りが入っている時には、シーバスの警戒心が和らいで比較的イージーにバイトしてくるので面白いです。



Sponsored Link