【飯梨川河口】中海シーバスポイントマップ【安来エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

安来エリアの最北端にあるポイントが飯梨川河口です。

安来エリアのシーバスポイントを代表する河川の河口ポイントになります。

飯梨川河口ポイントへは、国道9号線から河川の土手沿いを道なりに、まっすぐと中海方面に行けばアクセスすることができます。

駐車スペースは河口部東岸にも西岸にもあります。(印の部分)

河口部の東岸と西岸は距離が離れているので、駐車スペースは別々になります。

東岸の駐車スペース
河川管理車両の駐車スペース

河口部の東岸には、車で進入できる場所の行き止まり付近に駐車スペースがあります。

また、進入禁止の看板のすぐ横には河川管理車両用の駐車スペースがあります。

管理車両がまったくない時にまで駐車のことで問題視されることはないとは思いますが、河川管理車両用の駐車スペースには駐車しないようにしましょう。

西岸駐車スペースへの進入口
西岸駐車スペース

河口部の西岸は舗装されており、複数台駐車可能になっています。

ただし、土手の上なので、(特に夜間の) 駐車の際には切り返し等により脱輪することのないよう気を付けましょう。

ポイント概要

飯梨川河口エリアは砂地で形成されていて、ところどころに砂州があります。

砂州のうえを歩いて沖の方まで行くことができますが、ウェーディングが必要になります。

このエリア一帯が砂地のため、台風や大雨の後には海底の地形が変わっていることがあります。

思わぬスリットに足を取られる可能性もあるので、大雨や台風に釣りに来るときは、なるべく明るいうちに現地確認をするようにしましょう。

私も、ナイトゲームの時によく立っていた砂州が台風後になくなっていたということがありました。

自然の力はアングラーの想像を超えることがあるので気を付けましょう。

沖にできた砂州

沖の砂州では多くの鳥が羽を休めています。

ちなみに、ナイトゲームで沖の砂州を目指すと、アングラーに驚いた鳥たちが一斉に逃げていくことがあり、その羽音にこちらが驚かされることがあります。

釣り方

MEMO

★シーズン:4~11月頃

★ベイト:ボラ、ママカリ、コノシロなど

★水深:河川内は浅いが、沖は深い

★ルアーはミノーやシンキングペンシルがメイン

★スリットの居着き狙いor回遊待ち

このポイントのベストシーズンは4~11月頃になります。

メインのベイトはボラ、ママカリ、コノシロですが、私がバイブレーションで釣ったシーバスはハゼを吐き出したことがあります。特に「これがメイン!」と決めてかからずに、いろんなルアーを試してみましょう。

河川内は浅いですが、沖の砂州からだとバイブレーションも使うことができるくらいの深さがあります。

メインルアーは、河川内シャローミノーやシンキングペンシル沖は何でもアリです。

メインの狙い方は沖のスリットに着いたシーバスを探すか、潮の流れの効いているポイントでの回遊待ちになります。

なお、管理人のオススメは、河川内にベイトを求めて入ってきたシーバスをトップウォータープラグで狙う釣りです。ベイトを求めて入ってきたシーバスはけっこうイージーにトップに反応するのでとてもアグレッシブな釣りができます。



Sponsored Link