【恵乃島堤防】中海シーバスポイントマップ【安来エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

国道9号線の安来鉄工センター入口から中海方面へ入り、つきあたりにある堤防が恵乃島堤防です。

堤防から対岸に見えるのは米子水鳥公園です。

島根県安来市黒井田町の国道9号線沿いにファミリーマートがあり、そのファミリーマートの駐車場に「安来鉄工センター」と書いてある青い看板があります。看板にしたがってまっすぐ中海方面へ進入し、そのつきあたりにある堤防がポイントです。

堤防につきあった西側(左側)は自動車通行止になっています。

通行禁止の標識のすぐ目の前あたりに1、2台ほど駐車できます。

また、このあたりの道路は路上駐停車禁止エリアではありません。なので、道路の路肩に駐車することも一応可能です。

ただし、日中は農園で作業する方々の自動車の行き来が少なくないので、くれぐれも邪魔にならないように交通ルールを守って駐車しましょう。

ポイント概要

堤防西側
堤防東側
沖にあるブイ

このエリアは、堤防から狙える場所はすべてポイントになります。

堤防なので全域で足場は良いですが、堤防の上から釣りをする場合にはタモが必須です。

西側にある流れ込み
流れ込みの河口部

堤防の西側に歩いて行くと川のような流れ込みがあります。

ただし、ここは河川のような水の流入があるポイントではなく、あくまで地形の変化としてのポイントになります。

堤防下は水に浸かっている

長靴やウェーダーを履いていれば堤防の下に降りて釣りをすることができます。

上り下りできるのは、西側の流れ込みの河口部にある堤防だけです。

釣り方

memo

★シーズン:4~12月頃

★ベイト:ボラ、コノシロ、サヨリ

★ベイトがすごく溜まるときがある

★水深:浅め

★メインはミノーとシンキングペンシル

このポイントの特徴は、ベイトがものすごく溜まることがあることです。

いつもベイトが溜まっているというわけではありませんが、溜まるときには本当によく溜まります。

中海にベイトが増える4~12月頃がこのポイントのシーズンになります。

地図や写真からわかるかもしれませんが、このエリアは特に潮通しが良いポイントではないので、水もそれほどキレイではありません。汚れた水が溜まっている場所もあります。

したがって、回遊待ちのために同じ場所で粘るという釣り方をするポイントではありません。

ベイトを捕食するためにこのエリアに入ってきたシーバスを拾っていくといった釣り方がメインになるポイントです。

そのため、ベイトの気配すらないときはポイント移動を決断しても良いかもしれません。

とにかくキーポイントはベイトの存在です。

管理人は、以前このポイントで、小さいコノシロが群れているときに~60cmくらいまでのシーバスが爆釣したことがあります。まさにワンキャストワンバイト状態でした。シーバスに加えてチヌまで2匹釣れました。

ベイトの溜まり方次第では爆発力を秘めているポイントです。

エリア自体はそれほど水深のあるエリアではないので、メインルアーになるのはミノーやシンキングペンシルです。

バイブレーションを使う場合に早巻きの方が良いです。早巻きしても足元のゴロタ石にはよく引っ掛かるので気をつけてください。

管理人が爆釣したときは、とにかくルアーをスローに見せたらバイトが増えました。ノーマルリトリーブのときに比べて格段にバイト数が増えました。

ただし、スローが良いかどうかはその時その時で違うと思うので、いろいろ試してみてください。



Sponsored Link