【島田船溜まり周辺】中海シーバスポイントマップ【安来エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

安来市島田町にある船溜まりの周辺一帯がポイントになります。

道の駅あらエッサの位置図

安来市島田町へは、道の駅あらエッサの横の道を北へ向かって直進します。

あらエッサの横の道を直進すると左手に大きな用水地が見えてくるので、用水地の北側の十字路を右折した場所がポイント周辺です。

駐車スペース

土手沿いは車での通行は禁止です。

土手の入り口に駐車スペースがあります。ここに駐車して、土手沿いを歩いて移動することができます。

ポイント概要

島田船溜まりの南側堤防
堤防にある水門
堤防から見た島田船溜まり

このポイントは、足場が良いところは一帯がポイントになります。

堤防沿いはずっと歩いて移動することができます。

ただし、船溜まりのすぐ南側はアマモの群生地になっていて、とても浅いです。

八尋鼻へは行くことができない

以前は、島田船溜まり沿いに北に向かって行くと「八尋鼻」と呼ばれる出鼻まで行くことができました。

八尋鼻は米子港に突き出た出鼻で、とても潮通しが良く、このエリアを代表するポイントでした。

しかし、現在は関係者以外の立ち入りが禁止されています。

八尋鼻で釣りをすることはできないので注意して下さい。

釣り方

memo

★シーズン:4~12月頃

★ベイト:ボラ、コノシロなど

★水深:浅め

★メインはミノーとシンキングペンシル

このポイントは、釣りができる場所は全域がポイントになります。

とにかく広いポイントで足場もそこそこ良いので、ランガンしながらスリットなどに居着くシーバスを狙ったり、潮の変化しているところを見つけて回遊待ちをする釣り方になります。

また、ナイトゲームをしていると捕食音が聞こえることがあります。その場合には、飛距離の出るシンキングペンシルなどで、捕食音が聞こえた辺りをスローにルアーを引いてシーバスに見せてみましょう。捕食中のやる気満々のシーバスであれば、ルアーに気付けば一発で食ってきます。

島田船溜まりの北側の堤防

島田船溜まりの北側も足場が良く、中海シーバスのポイントになります。

ただし、船溜まりの北側は足場が高いのでタモが必須です。



Sponsored Link