【馬橋川河口】大橋川シーバスポイントマップ【大橋川南岸エリア】

ポイントマップご利用上の注意点はコチラ(必ずお読みください)

アクセスマップ

大橋川シーバスポイントの【馬橋川河口】は大橋川を挟んで多賀神社前の対岸にあたるポイントです。

馬橋川河口も多賀神社前剣先と同様に、大橋川・天神川・馬橋川が合流するポイントで、大橋川の中でも超一級ポイントになります。

クリック(タップ)して拡大
Sponsored Link

馬橋川河口へアクセスするのは若干わかりにくいです。

道路沿いにビニールハウスが4基見えます。

そのビニールハウスのすぐ横に大橋川方面へ向かう道があります。

この道を進入していくと馬橋川にぶつかるので、馬橋川沿いの土手を右折して河口へと向かいます。

馬橋川沿いの土手は車1台が通れる程度です。

写真でも轍ができているのがわかりますが、この道は狭いですが地元住民が普通に行き来している道です。

夜は道の両端がわかりにくくなるので特に注意してください。

馬橋川河口に架かる橋のたもとには空き地があります。

今は資材置き場のような使われ方をしています。

ポイント概要

馬橋川河口側から見た風景です。

写真左側の橋が掛かっている川が馬橋川です。写真右側の船が係留されている川が天神川です。

馬橋川の最河口部に架かる橋です。

これより上流部でもシーバスを釣ることができます。

春頃になると馬橋川の河川内でバチ抜けも見られます。

馬橋川の対岸に見えるのは多賀神社前です。

この周辺で回遊待ちをするのが基本的な釣り方です。

写真の真ん中にある電柱は剣先の先端に立っている電柱です。

馬橋川河口エリアのすぐ向かいは剣先です。

現在は土手が工事中のため足場が少ないですが、足場になる場所はすべてがポイントになります。

釣り方

シーズン:3~6月頃、9~12月頃
◆ベイト:ボラ・コノシロ・サヨリ・ハゼ・ヒイラギなど
水深:それほど深くはない
ルアーはミノー・シンキングペンシルが中心だが、流れの速いときはバイブレーション・ジグヘッドワームなども使用できる
一部ウェーディング〇の場所もある
ブイ(流芯)周辺での回遊待ち
Sponsored Link

このポイントのベストシーズン3~6月頃、9~12月頃です。

シーズンになると毎年多くのランカーの実績があるポイントです。

多賀神社前剣先馬橋川河口エリアは大橋川の中でも超一級ポイントです。

このポイントのメインのベイトはボラ・コノシロ・サヨリ・ハゼ・ヒイラギなどです。

矢田の渡しの方へ進むとウェーディングが可能なエリアもあります。

馬橋川最河口部に架かる橋の周辺はウェーディング厳禁です。

メインルアーはミノー・シンキングペンシルです。流れの速いときはバイブレーション・ジグヘッドワームなど何でも使用可能です。

このポイントはランディングネットが必須です。

基本的な釣り方は河川のブイ(川の流芯)の周辺を狙った回遊待ちです。

潮の流れが速いときはルアーがガンガン流されるので、その場合には重めのシンキングペンシルがあると釣りがしやすいです。

このポイントはとても実績の高いエリアなので釣り座が空いているときは積極的に狙ってみましょう。

ポイントのすぐ裏は住宅地なのでナイトゲーム時の大声は厳禁です



Sponsored Link