【中海干拓地】中海シーバスポイントマップ【境港エリア】

ポイントマップご利用上の注意点はこちら(必ずお読みください)

アクセスマップ

渡港の目と鼻の先にある広大な農業用地帯が中海干拓地です。

渡港から車で2~3分ほど走れば見えてきます。

中海干拓地一帯が農業用地のために造成された土地で、風向きによっては肥料の臭いがキツイときがあります。

中海干拓地へは、竜ヶ山球場と竜ヶ山陸上競技場の間の道を西に直進すれば簡単にアクセスできます。

水門前の駐車可能スペース

路上駐車禁止の場所ではありませんが道路は広くありません。

市民スポーツ広場の広い駐車場に停めるか、中海干拓地内の印の場所に1~2台駐車可能です。

農業従事者の邪魔にならないように駐車しましょう。

ポイント概要

航空自衛隊美保基地側
中海側へと続く遊歩道
中海側の遊歩道
中海側の水門

このポイントは、周囲一帯が全域石畳になっていて非常に足場が良く、シーバス初心者にはとてもオススメです。

中海干拓地を一周するように遊歩道が整備されており、全域を歩いて移動することが可能です。

遊歩道にはジョギングをしている人もいるので気を付けましょう。

梅雨の時期になると水門から不定期に放水され、水門周辺に濁りが入ることがあります。濁りが入ったときにシーバスがいれば、けっこうイージーにルアーにバイトしてきます。

水路の幅はけっこう狭い
護岸は綺麗に整備されている

中海干拓地の東側は水路になっていて、川沿いの護岸は綺麗に整備されています。

この水路は一見してポイントにならないように見えますが、水路全域でシーバスを狙うことができます。

水路の北側は幅が広い

一部のポイントでは対岸までの距離が非常に狭くなっていますが、水路の北側から中海の出入口に向かうポイントはかなり広くなっています。

水路に架かる橋

橋が二本ほど架かっており、橋脚付近はシーバスやクロソイのポイントになります。

水路内では、たまにベイトフィッシュが何かに追われている光景も見られます。

Sponsored Link

釣り方

シーズン:3~12月頃
ベイト:ボラ・コノシロ・サヨリ・ハゼ・キス・ヒイラギなど
水深:深くはないがウェーディングは×
中海側で回遊待ちor水路側で居付き狙い
外道もけっこう釣れる

このポイントは潮通しが良いため、 真冬でもシーバスが釣れますが、特に晩秋から初冬にかけての実績が高いです。産卵のために日本海へ下るシーバスが秋~冬にかけて通り、産卵後に中海・宍道湖へ上るシーバスが春先~初夏にかけて通ります。通年で回遊性シーバスを狙うことができます

冬にはクロソイの実績もあるようですので、通年で何かしらのターゲットを求めることができます

ベイトはボラ、コノシロ、サヨリのほか、ハゼやキスなどの底物もいます。 ママカリやアジも引っ掛かったことがあります。

デイゲーム・ナイトゲームともに、外向きの中海を狙うか、東側の水路内をランガンで探るポイントです。

このポイントはウェーディングが必要なほど浅くはありません。ミノーやシンキングペンシルで狙うほか、バイブレーションも使用可能です。ただし、そこまで水深があるわけでもないので、バイブレーションを使用する場合には少し早めのリトリーブが良いでしょう。

このポイントでの釣り方は、中海側全域(中海干拓地西側)で回遊待ちをするか、水路内(中海干拓地東側)をランガンで探り、地形の変化についているようなシーバスを狙う釣りになります。

中海側は、回遊待ちといっても潮の流れがよく効いている場所とそれほどでもない場所があるので、足場の良さと釣り場の広さを活かして、回遊待ちに適した潮の流れの効いたポイントをランガンしながら探すと良しでしょう。

また、中海側には水門があり、梅雨の時期になると不定期に放水されることがあります。水に濁りが入るなどの変化が起こっているときには水門付近も入念にチェックしましょう。



Sponsored Link