【多氣神社前】中海シーバスポイントマップ【松江北部エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

大海崎橋から本庄方面へ向けて北上してすぐのポイントが【多氣神社前】です。

以前は【大海崎承水路】と呼ばれていました。

大海崎橋から岸に沿うような形で北に向かって堤防が設置されていて、川幅の狭い水路になっていたポイントです。

その頃は、中海の超一級ポイントとしてとても賑わっていました。

現在は沖合に設置された堤防が撤去されたため、「水路」の形はまったくありません。

そのため、【多氣神社前】としてご紹介します (管理人が勝手に「神社前」と呼んでいます) 。

このポイントは、ウェーダーがなくても釣りは可能ですが、ウェーダーがあった方が格段に釣り座が増えるポイントです。

大海崎橋から本庄方面へ向けて北上すると、【多氣神社】があります。

多氣神社前の中海一帯がポイントになります。

藪漕ぎをした形跡

多氣神社のすぐ近くに広めの駐車スペースがあります。

駐車スペースの目の前に藪漕ぎをした形跡があるので、ここから川幅2mほどの水路を渡って目の前の丘に上陸します。

排水門の脇から土手に降りられる

どうしてもウェーダーがない場合は、多氣神社前の排水門の脇から土手に降りることも可能です。

ただし、こちら側のポイントはランガンするほど広くはありません。

駐車スペース前の丘の方がはるかに広いです。

ポイント概要

写真左が大海崎橋(多氣神社南側)

水路を超えた先の丘は、大海崎橋方面へ向かって、広くランガンしていくことができます。

ウェーダーを履いているのでウェーディングをすることも可能です。

このポイントは全域でかなり水深が浅いです。

ただし、ウェーディングをしなくても釣りは充分に可能です。

管理人は水路を渡るためだけにウェーダーを履いています。スニーカーをもって水路を渡り、丘に上陸したらウェーダーを脱いでスニーカーに履き替えて釣りをしています。

多氣神社北側のポイント

排水路のすぐ目の前の丘も実績のあるポイントです。

ここへは、ウェーディングをしなくても渡ることができます。

岸からかなり近いところで捕食音が聞こえることもあるので、ウェーディングは必須ではありません。

多氣神社の北側には小川ほどの川幅の河川の流入があります。

雨後などはそこそこ流入量が増えるので、それに伴ってシーバスが回遊してくることがあります。

なお、この小川の河口は水面まで50~70cmくらいの高さがあり、ランカークラスを掛けると取り込みに苦労するので、ウェーダーを履いて水辺に降りて取り込むか、タモで取り込む必要があります。

釣り方

MEMO

シーズン:2~12月頃

ベイト:ママカリ、サヨリ、ハゼ

水深:遠浅

ウェーディング推奨

ルアーはシャローミノー、シンキングペンシル

多氣神社の目の前の丘は回遊待ち

多氣神社より南側の丘はとにかくランガン

このポイントのベストシーズンは2~12月頃です。

冬でもけっこう実績のあるポイントです。

このポイントのメインのベイトはママカリサヨリです。

特に秋のサヨリの産卵シーズンになると、岸から10m以内の範囲でランカークラスの捕食音を聞くこともあります。

(ここは、管理人が人生で初めてアンダーキャストを使って捕食音の付近にキャストしてキューマルを釣ったポイントです。)

水深は遠浅で、多氣神社周辺はバイブレーションはまともに引けません。

大海崎橋に近いところまで行くとバイブレーションが使えるようになります。

基本的な釣り方は、多氣神社の目の前の丘(ウェーディング不要のポイント)では回遊待ちです。

水路を渡って上陸する丘はかなり広いので、ランガンしながらベイト溜まりを探した方が釣果につながりやすいです。

このポイントは全域でかなり浅いため、潮の流れを探るよりも、ベイト溜まりを見つけ、そのベイトを狙って浅瀬に回遊してきた食い気のあるシーバスを狙った方が手っ取り早いです。



Sponsored Link