【新庄船溜まり周辺】中海シーバスポイントマップ【松江北部エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

松江市新庄町にある【新庄船溜まり周辺】がここのシーバスポイントになります。

松江市新庄町には本庄川南川が流れており、川のちょうど間に船溜まりがあります。

本庄川と南川の河口にはそれぞれ水門が設置されています。

松江北部エリアは変化の少ないエリアが多いですが、このポイントには水の流れがあります。

通常は水の流入量はそれほど多くはありませんが、それでも水が動いているため、日中でもママカリやサヨリを確認することができます。

「新庄町入口」と書いてある看板

写真では見えにくいですが、「新庄町入口」と書いてある看板付近から堤防へ上り、船溜まりへアクセスすることができます。

船溜まりの入口付近(堤防のうえ) には広いスペースがあり、ここに駐車することができます。

ただし、船溜まりへ出入りする車両があるので、関係車両の迷惑にならないように駐車しましょう。

ポイント概要

南川の水門
本庄川から見た船溜まりの様子
本庄川から見た本庄地区の船溜まり

松江市本庄町から新庄町にかけての中海沿いは数年前に護岸整備が行われたポイントです。

ポイント全域で足場がとても良いです。

本庄川の北側には【本庄船溜まり】があります。

こちらの船溜まり周辺もシーバスの実績があります。

新庄船溜まりから本庄川水門にかけて(船溜まりの北側エリア)、岸際に杭が設置してあり(写真参照)、杭と杭の間にロープが張られています。

船溜まりの北側エリアは釣りができないので、本庄川水門付近で釣りをすることになります。

水門のすぐ横に階段があり、水際まで降りることができます。

水門からの流入量は少ないですが、水が動いているので、水門周辺にはベイトが溜まりやすいです。

船溜まりの堤防の先端から中海側を狙うことも出来ます。

堤防の先端への道は整備されていますが、道幅が狭いので、足元には十分に注意してください。

釣り方

MEMO

シーズン:2~12月頃

ベイト:ママカリ、サヨリ

水深:浅め

ウェーディング×

ルアーはミノー、シンキングペンシル、軽量バイブレーション、ジグヘッドワームなど何でもあり

水門付近での回遊待ち

足場の良さを活かしてとにかくランガン

このポイントのベストシーズンは2~12月頃です。

冬でもけっこう実績のあるポイントです。

このポイントのメインのベイトはママカリサヨリです。

たまに水門付近にボラが群れていることがありますが、かなり大型のボラです。

水深はそれほど深くはありませんが、軽めのバイブレーションであれば使用可能です(それでも、~3カウントぐらいで着底します)。

足元から水深があるのでウェーディングの必要はありません。

メインルアーは、ミノーシンキングペンシルジグヘッドワームになります。

基本的な狙い方は、水門付近でシーバスが回遊していくるのを待つか、足場の良さを活かしたランガンの釣りになります。

どちらかの釣り方が釣果が良いという印象は特にありません。

状況に合わせて探ってみましょう。

たとえば、すでにベイトが溜まっているようであれば、その付近を狙って回遊待ちが良いです。

逆に、ベイトの存在が確認できないのであれば、ランガンしながら足で稼いだ方が良いでしょう。



Sponsored Link