シーバスフィッシングの装備をそろえよう

シーバスフィッシングを始めるのに最低限必要な道具はロッド、リール、ライン、ルアーです。

「魚を釣るため」の道具です。これがあれば釣りはできます。

しかし、釣りを快適にするためには、「魚を釣るため」の道具以外にも様々な道具が必要になります。

ここでは、 【ないと困る道具】、【あったほうが良い道具】 について優先順位の高い道具から順番にご紹介します。シーバスフィッシングにどっぷりハマってきたら徐々に揃えてみてください。

スナップ

スナップとは、ルアーの着脱を簡易迅速に行うための道具です。

ルアーにラインを直結して釣りをすることももちろん可能ですが、その場合、ルアー交換の度にラインを切らなければなりません。

スナップは開閉式になっているので、いったんスナップにラインを結べば、あとはスナップの開閉によりルアー交換ができるので、ルアー交換の度にラインを結び直す必要はありません。

スナップがなくてもシーバスは釣れますが、ルアー交換の度にラインを結び直すのは本当に煩わしいので、ほぼ必須の道具だと思ってください。

スナップによっては簡単に伸びてしまうものがあります。

ウォーターランドのスーパースナップはものすごく強くて伸びることがないので(衝撃で開くことはあります)オススメです。(シーバスには#2がオススメです)

フィッシュグリップ

フィッシュグリップとは、魚(シーバス)を掴むための道具です。

トリガーを引くと先が開閉するタイプのものが多いです。

もちろんシーバスを手掴みすることもできますが、シーバスの背ビレやエラはかなり鋭利で、人間の手は簡単に傷つきます。

また、魚種によってはヒレやトゲに猛毒を持っている魚もいるので、魚はなるべく素手で触らない方が良いでしょう。

プライヤー

プライヤーは、シーバスの口に掛ったフックを外したり、ラインを切ったり、スプリットリングを開いたり、ガン玉を潰したりするのに使います。

個人的にはフック外しがメインですが、ハサミでラインを切るのが面倒な時はプライヤーで切ります。

ウミボウズプライヤーはPEラインもスパスパ切れるので非常にオススメです。

というのも、PEラインは硬いものに擦れるとすぐに切れるのですが、ハサミで切ろうとしてもラインをピンと張っていないとフニャフニャしてなかなか切れません。

そのため、ハサミの中には「PE対応」と謳っているものがあるくらいです(最近のものはほとんどがPE対応です)。

その点、ウミボウズプライヤーのラインカッターはPE対応で、しかもPEがスパスパ切れるので大変使いやすいです。

ランディングネット

カッコイイ言い方をしていますが、シーバスをすくうための【タモ】です。

タモが必要になるかどうかは、普段よく通うポイント次第です。

私がよく行くポイントは遠浅で、シーバスが掛かってもすぐに岸にずり上げるのでタモがなくても釣りができます。

しかし、ポイント開拓のために行ったことない場所で釣りをすることも少なくないのでタモは持っています。

ラインカッター

カッコイイ言い方をしていますが、【ハサミ】です。

写真のものはPE対応で、PEラインが非常によく切れます。

もちろんナイロンやフロロもよく切れます。

プライヤーに付いているラインカッターが良く切れる場合には特に必要ありませんが、細かい作業ができるので、私はハサミをよく使います。

ウェーダー

水に浸かって釣りをするための防水ズボンです。

港湾部や防波堤から釣りをする人にとってはまったく必要のないものです。

私のメインフィールドの中海でも、ウェーダーまでは必要ないポイントが多いです。

ただし、ウェーダーは水に浸かって釣りをするだけでなく、水辺を気兼ねなく突き進んで行くことができるので大変便利な道具です。私の場合は、この使い方でウェーダーを着用することが多いです。

ポイントに行くために岸際をそおっとそおっと歩いて行くこともできますが、私の場合はウェーダーや長靴を履いて水の中をジャブジャブ歩くことが多いです。

小物ケース

これは、ルアーケースです。

ルアーが入りさえすれば100均のタッパーでも構いません。

各ルアーメーカーがメーカーのロゴ入りのものを販売していますが、ほとんどのメーカーのものが明邦化学のVERSUSにロゴを印刷しただけのようなものです。

もしルアー専用のものを買うのであれば、山田化学(YFD)のものがオススメです。

これは、仕切りの形が100パターン以上作れて汎用性が高いです。

また、12cmミノーを縦に収納できる数少ないルアーケースです。

スナップなど小物を入れるためのケースです。これこそ、あってもなくてもいいというレベルのものです。

磯のフカセ釣りなんかだと小物が多いので小物ケースを持っていた方が便利ですが、ルアーフィッシングの小物といえばスナップとスプリットリングくらいなので、パッケージのまま持っていてもまったく問題ありません。

次:『ライフジャケットを着用しよう



Sponsored Link