【入門者向け】ロッドの硬さがメーカーごとに違ってよくわからない!

ロッドを買おうと思ったときにまず最初に考えるのがロッドの長さ硬さ

ロッドの長さに関していえば、どんなメーカーであっても「8ft」と表記されていれば8フィートの長さです。

でもロッドの硬さはそうではありません。

ほとんどのロッドにはMLとかLとかMって感じでアルファベットが表記されています。

これがロッドの硬さ表記です。

でも、入門者にとってはこのロッドの硬さ表記の意味がいまいちピンとこない。

しかも、さらに問題をややこしくしているのが、適合ルアーウエイトが(ほぼ)同じなのに、AメーカーのロッドはLクラスで、BメーカーのロッドはMLクラスって書いてあったりします。

そのため、入門者がロッドを選ぶときに

入門者
AメーカーのLクラスとBメーカーのMLクラスはどれくらい硬さが違うの?

ってことになってしまいます。

そこで、このページではロッドの硬さ表記についてご紹介します。

関連記事

先日友人からロッド製作の依頼を受けたのですが、そのときにこんな要望を受けました。友人35gくらいまで投げられるロッド(を製作)できる?実はロッド製作を依頼されたときにこの手の要望はとても多い。確かにロッドを選ぶと[…]


関連記事

初心者の頃にロッドを選ぶとき、ロッドの硬さと並んで問題になるのが【ロッドの長さ】です。「港湾メインの場合は〇フィート」とか「河川メインの場合は〇フィート」とかっていう分類方法が一般的です。が、しかし!![…]

「ロッドの硬さ」の表記方法

ロッドの硬さを表示する方法は主に2種類です。

1つはM・ML・MHといったアルファベットを用いたML表示

もう1つは1番・2番・3番という数字を用いたパワー表示

ルアーロッドではML表示が大多数ですが、ジギングロッドでは半々くらいの割合という印象です。

ML表示

ほとんどすべてのルアーロッドにUL・L・ML・M・MH・H・XHといったアルファベットを用いたロッドの硬さが表記されています。

これを(僕が勝手に)ML表示と呼んでいます。

これらの意味をとても大雑把にまとめると…

UL:ウルトラライト(超柔らかい)
L :ライト(柔らかい)
ML:ミディアムライト(やや柔らかい)
M :ミディアム(普通)
MH:ミディアムヘビー(やや硬い)
H :ヘビー(硬い)
XH:エクストラヘビー(超硬い)

といった感じで。

なぜM表示ではなくML表示と呼んでいるかといえば…
多くのメーカーで汎用的な硬さ表記をMLクラスに設定しているからです。
別にM表示と呼んでもいいのですが、MLクラスのロッドが流通量も一番多いようなのでML表示と呼んでいます。

パワー表示

おそらく釣具屋に売っているルアーロッドの90%以上はML表示です。

でも超大手メーカーの中にはML表示以外の別の表示方法を採用しているメーカーがあります。

それがシマノです。

シマノのルアーロッドの中にはLやMLといったアルファベット表示のないルアーロッドがあります。

シマノではML表示じゃないロッドは次のように表示してあります。

シマノではML表示のないルアーロッドの場合、横並びの数字のうち最後の数字ロッドの硬さ(パワー)を表しています。

このようなロッドの硬さの表示方法を便宜的にパワー表示と呼んでいます。

パワー表示はジギングロッドでは伝統的な表記方法です。ジギングロッドでは今でもパワー表示のロッドが多数あります。

ショーカラ
まぁジギングロッドも最近ではML表示がかなり浸透してきていますが…

シマノのロッドに関する表記はわかりにくいので、 ついでに他の数字についても説明しておきます。

モデル名のアタマ(一番左)についているアルファベットまたは数字スピニングロッドベイトロッドの区別を表しています。(下1桁のがパワー表示)

要するに…

真ん中の2桁(まれに3桁)の数字はロッドの長さ(レングス)を表しています。

70は7.0ft、63は6.3ft、711は7.11ftです。

レングス表記の6575について補足です。
65や75という数字はもともと6ft半とか7ft半という意味だったと記憶しています。
1ftは12インチなので、1ftの半分は6インチです。
なので、僕の中では656ft半6フィート6インチ(6.6ft)、757ft半7フィート6インチ(7.6ft)という認識でした。
つまり、12進法のフィートを日本人にわかりやすく10進法に変換していると思っていました。
でも、近年になってシマノのロッドに17113というロッドが登場しました。これは、7.11ftのロッドです。
このロッドは12進法のフィートを12進法のまま表示しています。
この711(7.11ft)の表示方法に従えば、65という長さは6ft半(6.6ft)ではなく、数字どおり6.5ftということになります。
長さを測ってみればわかりますが、65が6.6ftなのか6.5ftなのか最近はよくわからなくなってきました。

ML表示の設定方法

一番の問題…というかユーザーを混乱させている原因は

ML表示は同じ硬さなのに、実際のロッドの硬さはメーカーによって違う

ってこと。

つまりS社のMLクラスのロッドとD社のMLクラスのロッドは硬さが違うということです。

なぜこういうことが起こるのでしょうか?

ML表示の硬さに決まりはない

圧倒的多数のロッドに採用されているML表示ですが、実はメーカーによってかなり違いがあります。

シーバス(オカッパリのキャスティング)ロッドを例にとってみます。

ダイワML=7~35g
シマノML=6~28g
がまかつML=5~24g(ラグゼチータR2参照)
最新モデルのラグゼチータR3(がまかつ)にはMLという硬さのロッドがないので、先代チータであるチータR2のMLクラスを参考にしています

どのメーカーのロッドも硬さの表示ではMLクラスですが、MLクラスのロッドで投げられるルアーの重さがけっこう違います。

要するに、同じMLクラスのロッドでも硬さがけっこう違います。

ちなみに、適合ルアーウエイトベースに考えると↓のようになります。

どれも適合ルアーウェイト~28g(30g)クラスのロッドですが、ML表示がすべて違います。

ダイワL=5~28g
シマノML=6~28g
がまかつM=5~30g(ラグゼチータR3参照)
※上記に当てはまらないロッドも多く存在します

見事なまでにバラバラ

これだけバラバラだと「ロッドはMLクラスがおすすめ」っていわれても「どのメーカー基準のMLクラスですか?」ってことになります、マジで。

ショーカラ
ぶっちゃけシーバスロッドでMLクラスというときに一番多いのは~28gだけどね

でも、同じ「ML」って硬さなのに、これだけメーカーによって硬さが違うと「正直、どうやって硬さ決めてんの?」ってことになります。

実はロッドの硬さの設定方法は2パターンに分けられます。

この点についてはエキスパートアングラーモデルエントリーモデルかの違いによってML表示の硬さの設定方法が違っているそうです。

エキスパートアングラーモデル

ダイワやシマノの最上位機種(モアザンエクスセンス)のロッドは、各モデルごとにプロスタッフやプロインストラクターの意見・わがままを余すことなく取り入れた(場合によっては超個性的な尖った性能の)ロッドに仕上がっています。

このようなエキスパートアングラーの意見やわがままを取り入れた最上位モデルのロッドはそのエキスパートアングラーの主観によってML表示が設定されています。

開発担当プロ
このくらいの硬さならMLだよね~

って感じで。

でも、普段柔らかめのロッドを使っている他のエキスパートアングラーがそのロッドを使えば

別のプロ
いや、けっこう硬めだからMクラスじゃない?

ということもあるそうです。

ただ、最終的には開発担当のプロアングラーがMLクラスといっているのでMLクラスになるそうです。

要するに開発担当のプロスタッフ目線で適当(適切)に設定されているということです。

エントリーモデル

ダイワのラブラックスやラテオ、シマノのルナミスやディアルーナといったエントリーモデルのロッドは、良くも悪くも癖のない汎用ロッドです。

エキスパートアングラーモデルとは対照的な性格です。

エントリーモデルのロッドに関してどのようにML表記を設定しているかは公にされていませんが、以前から↓のように噂されています。

(前提として)ダイワもシマノもシーバスロッドの標準的な硬さミディアムライトクラス(MLクラス)と考えています。

そして、ここ↓からが各社の思想が分かれるところです。

ダイワ

ダイワ開発担当
標準的なシーバスロッドは~35gくらいまで使えた方がいいよね!

って感じでML=~35gという設定になっています。

それよりワンランク柔らかい適合ウエイト~28g程度のロッドはLクラスです。

シマノ

シマノ開発担当
標準的なシーバスロッドは~28gくらいまで使えるロッドでしょ!

って感じでML=~28gという設定になっています。

ちなみに、がまかつは

がまかつ開発担当
そもそも標準的なロッドならMLクラスじゃなくてMクラスでしょ。
標準的なロッドなら~30gくらいまで使えた方がいいっしょ!

って感じでM=~30gという設定になっています。

ショーカラ
あくまで噂ですけどね…

要するに・・・

ML表記は、エキスパートアングラーモデルもエントリーモデルも、各社のロッドの設計思想釣り思想に基づいて設定されているようです。

つまり、基準となるような硬さはなく、ML表示の設定はメーカーに委ねられているということです。

昔フィッシングショーで聞いた話ですが、そのときの開発担当者は真面目な話として

だいたいこれくらい

って感じで設定してるって言っていました。

なので、僕はML表示はあてにせずに適合ルアーウェイトの方を参考程度に考慮しています。

パワー表示の設定方法

じゃあ「パワー表示の設定は緻密なのか?」といえば…

表向きは緻密に設定されていると言われています。

〇〇gのオモリをぶら下げたらこのくらい曲がるからこのロッドは2番パワー

という一応の基準があるそうです。

でも、結局それってメーカーにしか分からないので、メーカー的な基準があるからといってユーザーにとって分かりやすい表示方法ということにはなりません。

僕の持っているロッドはシマノのものが多く、そのほとんどのロッドがパワー表示ですが、いまだによくわかりません。

ショーカラ
これが3番?
4番でも良さそうなくらい硬いけど…

っていうロッドもけっこうあります。

結局のところパワー表示もよくわからないです。

結局適合ルアーウエイトがわかりやすいんだが…

ルアーロッドの硬さがMLで表示されようがパワーで表示されようが、ぶっちゃけわかりにくいんだよね、抽象的だから。

正直、ロッドの硬さの表示はML表示もパワー表示もなしにして全部適合ルアーウェイトで表示してくれって思っています。

それくらいML表示もパワー表示もメーカーごとに違うから基準にならないんだよね。

アングラー
じゃあ、比較しやすい「数字」で表示されてんだから、適合ルアーウエイトを基準にしてしまえば!?

と思いますが、そうもいかない事情があります。

実は「5~28g」っていう適合ルアーウエイトですら

だいたいこれくらい

って感じで設定されてるらしいです。

なので、実際のところ適合ルアーウェイトも基準としてはかなり微妙。

S社のロッドは~28gでもかなり張りが強いのに、M社のロッドは~28gでもペナンペナンってことも普通にあります。

釣り雑誌やウェブメディアでは当たり前のように「〇〇にはMクラスのロッドが使いやすい」みたいな書かれ方をすることがありますが、これは本当にあてにならないので注意が必要です。

このメディア(ナチュラルリリース)でもそうです。

ロッドの硬さの表示はそれくらいテキトーなんだと思ってもらって差し支えありません。

僕の持っているロッドでいえばワールドシャウラ。
このロッドは、適合ウエイトの上限くらいのウエイトからが快適に使えるとさえ感じることもあります。
たとえば~21gのロッドであれば、20gくらいからが快適に使えるっていうやつもあります。
それくらい適合ウエイトもあてにならないです。

同じMLでも釣りジャンルごとに硬さは違う

これはよくある誤解ですが

ビギナー
バスのULクラスのスピニングロッドをエリアトラウトやメバリングに使えますか?

みたいな質問。

確かにエリアトラウトとかメバリングって標準的なロッドの硬さはULクラスといわれることがほとんど。

じゃあ、ULクラスならバスロッドでもイイか?って聞かれれば

ショーカラ
同じULでもバスとトラウトだと硬さが全然違うよ

ってのが答えです。

全然別物のロッドです。

ULやMLは釣りジャンルごとに硬さの基準が全然違うということは知っておいてください。

ロッドは触ってみるのがベスト

ML表記はあてにならない
パワー表記もメーカーにしかわからない
同じML表記でも対象魚によって硬さが全然違う
ロッドを選ぶ時は触ってみて判断すべし

ロッドの硬さ表示は、ナイロンやフロロラインのように業界全体で統一的な基準があるわけではありません。

ML表示は各社(または各エキスパートアングラー)ごとの判断でテキトーに設定されているのでロッドを選ぶときの基準としてはかなり曖昧なものです。

シマノにみられるようなパワー表記も、一応のメーカー的な基準(内部基準)はあるそうですが、別に公開されているわけではないので、それはメーカーにしかわかりません。

ショーカラ
複数本所有していて使い比べができるユーザーにはわかるかもしれませんが…。
まぁ、比較できても僕にはよくわからないんだけどね。

ロッド選びは触って振る

最近はネットショップが充実していて、トイレにいながらロッドを注文できる時代になりました。

でもロッドは、釣りにおいてまさに右腕ともいうべきタックルなので、ロッドの硬さや長さに不満があると釣りをしているときにものすごくストレスを感じるようになります。

ロッドは、自分で触ってみて(できれば試投会などで思い切り振ってみて)選ぶのがベストです。

ショーカラ
よろしければ↓コチラもどうぞ