【意東川河口】中海シーバスポイントマップ【松江南部エリア】

ポイントマップご利用上の注意点はこちら(必ずお読みください)

アクセスマップ

意東港(意東船溜まり)
意東川河口から見た意東港
Sponsored Link

市の原川から1.2kmほど東にある意東川の河口エリアがここのポイントです。

意東川河口エリアへは、国道9号線沿いにある三菱マヒンドラ農機の横の道を、中海方面へ道なりに進むとアクセスすることができます。

意東港(船溜まり)の出入口のすぐ横に何台か駐車できるスペースがあります。

写真の車のように意東港の出入口の目の前に駐車しないようにしましょう。

ポイント概要

意東川と富士見橋
意東港横の水門

意東川は、意宇川や市の原川のような大規模河川ではなく、水路の流れ込みのようなポイントです。

したがって、河川内はポイントにはなりません。

意東港周辺は消波ブロックがあって潮の流れが効いていないため、あまり良いポイントではありません。

また、水門からの放水量も少なく、ほとんど水の流れはありません。

しかし、意東川河口エリアはボラをはじめベイトの量がものすごく多いポイントです。

Sponsored Link
水際へのアクセスは階段を使う
意東港から見た意東川河口方面
意東川西側にある堤防
意東川河口部東側のポイント

意東川河口エリアは、隣接する意東港や意東川河川内はほとんどポイントにはなりません。

意東川の西側にある堤防の先端から中海側を狙うか、意東川の東側の浜辺からウェーディングをして中海側をねらうことになります。

釣り方

シーズン:4~5月、10~12月頃
ベイト:ボラ、ママカリ、サヨリなど
水深:手前は浅いが、40mほど先から深め
ルアーはミノーやシンキングペンシルがメイン
回遊待ちメイン
Sponsored Link

ベストシーズンは4~5月、10~12月頃です。

真夏や真冬にはシーバスは釣れないとはいいませんが、この時期の釣果情報をあまり聞いたことがありません。

ポイント開拓のためには、この時期に狙ってみるのも面白いかもしれません(ボウズ覚悟で)。

ベイトは、春先はボラやママカリ晩秋はサヨリがメインです。

特に晩秋のサヨリパターンの時はけっこう表層付近でバイトしてくることがあります。

水深は手前は浅いですが岸から20mくらい中海に立ちこんだあたりから深くなってきます。

したがってメインルアーはオカッパリのときはシャローミノーやシンキングペンシルになります。

ウェーディングのときはバイブレーションやジグヘッドワームも使えます。

基本的な狙い方はオカッパリもウェーディングも潮の流れの効いたポイントを狙った回遊待ちになります。

東側は護岸整備されているのでランガンしながら釣り歩くこともできますが、感覚としては意東川河口部エリアで粘る方が釣果が良いように感じます。



Sponsored Link