【ゼロから始める】ルアーフィッシングの醍醐味!ルアーの種類と選び方を理解する!!(概論)【第1回】

ルアーフィッシングの醍醐味の1つとして【ルアーを選ぶこと】が挙げられます。

ルアー選びというのはルアーフィッシングにとって必要不可欠なファクターともいえます。

「ルアー選び」はシーバスフィッシングにおいて様々な場面で問題になりますが、ルアーを的確に選ぶためにはルアーの種類や特性をある程度理解しておく必要があります。

このページではシーバスフィッシングにおけるルアーの種類と選び方の基本についてご紹介します。

ルアーの「選択」はルアーフィッシングの醍醐味!

「選ぶ」楽しさがある

ルアーマンにとって、釣具屋は「魔界」と称されることがあります。

特に何かを買いに行ったわけでもないのに、いざ立ち寄ってみたが最後、何も買わずに出てくること困難な場所。

それが釣具屋です。

ルアー1個とかスナップ1個など、必ず何かを買ってしまいます。

僕の場合も、10回釣具屋に行くとたぶん7回くらいは予定していなかったものを買ってしまいます。

また、買わない場合でも、棚に綺麗に陳列されたルアーを買うあてもなく眺めてしまいます。

ショーカラ
フォルムとかカラーが好きなルアーなんて、見てるだけで白米2杯は食えるからね

なぜ、釣具屋はこれほどまでにルアーマンを惹きつけるのか。

それは、ルアーには「見ていて楽しい」とか「選んでいる時間が楽しい」というルアーフィッシング特有の楽しさがあるからです。

フカセ釣りやウキ釣りする人はけっこうウキにこだわりますが、釣具屋の品揃えから考えると、選べるウキって限りがあります。

でも、ルアーの品揃えは違います。

少し大きめの釣具屋に行けば30分くらいは眺めていられるくらいの品揃えがあります。

時間が許す限り見ていたくなる。

ルアーマンにとって、釣具屋は、目の保養になる場所であり、ひとたび誘惑に負けると目の毒にもなる「魔界」なのです。

というか、話が反れたけど…

釣具屋が魔界かどうかというより、ルアーマンにとってルアーを「選ぶ」という時間はとても楽しい時間なのです。

釣り場の状況に合わせてルアーを「選ぶ」

オタク的な楽しみ方ではなく、実釣において重要になるのが「状況に合わせたルアー選び」です。

1個のルアーで365日、毎日同じようにシーバスが釣れるわけではありません。

釣り場が変われば使えるルアーも変わるし、釣りをする時間帯(日中・夜など)によっても活躍するルアーが変わります。あるいは、潮の流れの強弱によっても選ぶルアーが変わります。

「状況に合わせてタックルをどんどん選んで変えていく」というのは、餌釣りにはないルアーフィッシング特有のアプローチ方法です。

状況に合わせてルアーを選ぶためには、いま目の前に広がる状況の理解と合わせて、「ルアーの理解」が必要になります。

目の前の状況の理解というのは、経験の積み重ねがある程度必要になります。

アングラー
このポイントでは下げ潮のときはバイブレーションが実績が高い

とか

アングラー
この時期に西風が強いときはこのエリアにカタクチイワシが貯まりやすいから、このルアーが活躍する

というように、目の前の状況への対応力は経験値によって支えられている部分が少なくありません。

ただ、「ルアーの種類や特徴」というのは、ビギナーの頃であっても基本的なことは覚えておく必要があります。

もちろん、個別のルアーの特性については経験値に頼るところが少なくありません。

アングラー
このルアーはタダ巻きよりもジャーキングで使うといい動きをする

とか。

そこで、【ゼロから始める】シリーズの【タックル編】では、基本的なルアーの種類と特徴についてご紹介します。

ルアーの種類がたくさんある理由

釣りをする状況は無数にある

シーバス用のルアーには実に様々な種類・形状のものがあります。

形違い、大きさ違い、色違い、リップのあるなし、ブレードのあるなし、フックが2本か3本か…

なぜ、ルアーの種類がこれほどまで多様化されているかといえば、フィールドごとに求められるルアーの性能が異なるからです。

しかも、そのフィールドというのが日本全国津々浦々無数にあるので、車で15分移動するとまったく別のポイントということも普通です。

また、釣りをするシチュエーションというのも無数に考えられます。

潮の強弱、水の濁り、日中か夜か、日照の強弱、メインで捕食されているエサ…

これらの要素は一日のうちでも常に変化していくので、その変化に伴ってシーバスが好むルアーが変わっていきます。

さらに釣りをするうえでは、フィールド×シチュエーションの組み合わせを考える必要があります。

これら無数に考えられるフィールドやシチュエーションに合わせてルアーを選択していく必要があるため、これほどまでに多くのルアーがラインナップされているのです。

ただし、「無数に考えられる組み合わせの中から状況に合ったルアーを選ぶ!」というとハードルが高く感じて、先が見えなくなってしまいます。

そこで、以下では、ルアー選びに最小限度必要なファクターをざっくりと2つに絞ってルアーの種類をご紹介します。

ルアーの種類は「レンジ」と「アクション」でカテゴライズするのが基本

ルアーフィッシングにおいては、無数にある様々なルアーを、一定のカテゴリーごとに分けています。

まず第一に、ルアーをレンジごとに分類します。つまり、アプローチする水深によってルアーの種類を分けます。

レンジというのは、どんなフィールドで釣りをする場合においても必ず重要になるファクターです。

関連記事

毎年多くのルアーが世に登場しては廃盤になっていく日本のルアーフィッシングシーン。そういうルアー市場の中で釣りをしている僕らにとっては、これが当たり前のサイクルといえます。でも、世界に目を向けてみると…こんな[…]

関連記事

シーバスアングラーにとって軽視されがちな超重要ファクターが【レンジ】です。レンジの攻略なくしてシーバスを釣ることはできません。仮に、レンジを気にせずにシーバスが釣れた場合、それは「偶然」の釣果です。より釣果[…]

この記事でもご紹介しましたが、ルアーはエサと違って、ただの樹脂の塊です。プラスチックの塊です。

ルアー投げてボーっと待っていても、シーバスの方から寄ってきてくれることは(ほぼ)あり得ません。

そこで、釣り人の方からシーバスが居るところにルアーを送り込んでやる必要あります。

このルアーを送り込むレンジに合わせてルアーの種類が分けられています。

次に、ルアーをアクション(の強弱)の違いによりカテゴライズすることがあります。

ルアーを送り込むレンジが同じでも、ルアーのアクションによってルアーの種類が分けられています。

ルアーのアクションというのも、シーバスをルアーで釣るために不可欠な要素です。

関連記事

シーバスフィッシングにおいては、(おそらく)8割くらいのシーバスがタダ巻きで釣ることができます。最近のルアーの開発は「タダ巻きアクション」に重点を置いて行われることがほとんどです。でも、ルアーはエサではなく樹脂(プ[…]

人間の目から見ると変わらないようなルアーの動きであっても、シーバスの反応は全然違う(Aには反応するけどBには反応しない)ということも普通にあります。

ただ、ルアーのアクションというのはあくまで「人間の目」から見た基準であって、釣り人の方であれやこれや頭を悩ましても答えは出ないでしょう。

人間の目から同じようなアクションに見えても、シーバスにとっては違っていたり、逆に、人間の目からは違うようなアクションに見えても、シーバスにとっては区別がなかったり…

なので、アクションは大きく「泳ぎの強弱」くらいの違いで区別しておけばいいでしょう。

おおむね、この「レンジ」と「アクション(泳ぎの強弱)」を基準にルアーの種類は分けられています。

ルアーの種類

ルアーの種類は細分化するとキリがありません。

特に最近では、いくつかの種類のルアーを組み合わせたようなルアーも登場していることから、これら1つ1つを理解しようとしても、現場でシチュエーションに合わせてフィードバックすることが難しいと思われます。

そこで、以下ではシーバスフィッシングに用いられる代表的な

・トップウォーター
・シンキングペンシル
・ミノー
・シャッド
・バイブレーション
・ソフトベイト

についてご紹介します。

なお、たびたび登場する「プラグ」というは、魚の形を模したウッド製や樹脂製の硬いルアー(ハードルアー)の総称です。
プラグとは対照的なルアーに「ソフトルアー(ソフトベイト)」があります。

トップウォーター

関連記事

前回の記事ではシーバスフィッシングに使われるルアーの種類と、ルアーの選び方についてざっくりとご紹介しました。このページでは、シーバスフィッシングで使われるルアーである【トップウォータープラグ】についてご紹介します。[…]

トップウォータープラグとは、水面または水面直下で使用するルアーの総称です。

トップウォータープラグにもいくつかの種類があり、バスフィッシングではとても細分化されていますが、シーバスフィッシングで使用されるトップウォータープラグは主に2種類です。

・ペンシルベイト
・ポッパー

これらはいずれも水面に浮く設定になっていて、水面付近を意識したシーバスにアプローチするために使用します。

シンキングペンシル

関連記事

第1回の記事ではシーバスフィッシングに使われるルアーの種類と、ルアーの選び方についてざっくりとご紹介しました。このページでは、シーバスフィッシングで使われるルアーである【シンキングペンシル】についてご紹介します。シ[…]

シンキングペンシルとは、ペンシルベイトの形状に似ているものの、浮かない設定(沈む設定)になっていて、水面直下~で使用するルアーの総称です。

シーバスフィッシングでは「シンペン」と略されることが多いです。

シンキングペンシルは、もともとバスフィッシングのカテゴリーでわずかに存在しているだけでした。

ところが、シーバスフィッシングにおいて目まぐるしい進化を遂げ、シーバスフィッシングにおいては欠かすことのできないルアーとなりました。

シンキングペンシルは沈む設定になっていますが、沈めて使うよりというよりも、どちらかいえば浅い水深でシーバスにアプローチするために使用します。

ミノー

ミノーとは、小魚の形を模したボディにリップの付いたルアーの総称で、主に水深の浅い場所~中層で使用します。

最近ではリップレスミノーというリップの付いていないものや、リップとボディの一体型のようなミノーも登場しています。

ビギナーが見たときに一番「おっ、釣れそう」と思うのがミノーではないでしょうか。

実際、シーバスフィッシングにおいてミノーが活躍する範囲はとても広く、「ルアー1個だけ持って釣りに行け」といわれたらミノーを選ぶ人が大多数だと思われます。

それくらいシーバスフィッシングにおいては核になるルアーといえます。

シャッド

シャッドとは、ミノーの形状に近い小魚タイプのルアーの総称で、ミノーよりもやや深いレンジでシーバスにアプローチをするときに使用します。

ミノーはルアーフィッシングでは一般的に「ジャークベイト」と呼ばれていて、ただ単にリールを巻いて動かすだけという使い方もできるし、ロッドを積極的に動かしてルアーを踊らせるようにする使い方(ジャーキング)まで様々な使い方が可能です。

一方、シャッドは、ミノーでは届かない水深まで潜らせて、ピタッと止める動きや、目的の水深で軽くトゥイッチをしてルアーを踊らせて食わせるという使い方が一般的です。

ただ、ミノーとシャッドの境界はもともと曖昧で、区別する積極的な理由もないので、下記のようにザックリと捉えておけば特に問題はありません。

・ルアーのボディにラインを結ぶアイが付いているものがミノー
・リップにラインを結ぶアイが付いているものがシャッド

バイブレーション

バイブレーションプラグとは、小刻みなピッチで振動してシーバスにアピールするずんぐり体型のルアーの総称です。

バイブレーションプラグは主に中層~底層でシーバスにアプローチするときに使用します。

ただし、軽めのバイブレーションプラグであれば水深1.5mくらい浅めの場所でも使うことができるので、その使用範囲はけっこう広いです。

バイブレーションプラグは、バスフィッシングにおいては「ラトル」と呼ばれる音を発生するための金属球が入っているものが人気ですが、シーバスフィッシングにおいてはラトルの入っていないサイレント仕様のものがほとんどです。

とはいえ、ラトル入りでもガンガン釣れることがあるので、ラトル入りのバス用のバイブレーションプラグを使用する人もいます。

ソフトベイト

ソフトベイトとはラバーでできた柔らかい素材のルアーの総称です。

バスフィッシングでは実に多様な形のソフトベイトがありますが、シーバスフィッシングでは小魚の形をイメージしたソフトベイトが主流です。

ソフトベイトは素材の柔らかさから警戒心の強いシーバスにも口を使わせることができるといわれており、プラグとは一線を画するルアーとして好んで使う人もいます。

もちろん警戒心の弱いイージーなシーバスもガンガン食ってきます。

ソフトベイトはそれ自体にはフックが付いておらず、また、ほとんど自重がないため、オモリ付き
のフックに刺して使うのが一般的です。

オモリの重さを変えて幅広い水深で使うことができます。

ルアーの選び方

タックルボックスで持ち歩くために選ぶ

オカッパリでシーバスを狙う場合、持ち歩けるルアーの数というのがとても限られます。

せいぜいタックルボックス2~3個に、入れられるだけ入れるというのが限界です。

僕の場合、ルアーの出し入れのときに煩わしくならないように、タックルボックスの中もやや余裕を持たせて入れておきたい派です。

そうすると、入れられるルアーの数はさらに限られます。

その限られたスペースに入れるルアーをどうやって選ぶか?

実は、このときのルアーの選び方が大雑把な人が意外に少なくありません。

持っていきたいルアーありきで選ぶ人がまあまあ居ます。

ただ、オカッパリで限られた数を持ち歩く場合、気にしておかなければならない最低限のポイントがあります。

それが

レンジ

です。

何度も繰り返しになりますが、ルアーはエサではありません。ただのプラスチックの塊です。

ルアーを投げて待っていても、シーバスの方から引き寄せられてくるということはほぼありえません。

アングラーの方から、シーバスの居るところにルアーを送り込んでやる必要があります。

そのために常に意識しておかなければならないのがシーバスがいるレンジです。

レンジのことをエサ釣りでは「タナ」と表現します。

このレンジという考え方はエサ釣りであっても最も重要なファクターの1つといえるほど重要です。

匂いや旨味成分のないプラスチックの塊でアプローチするルアーフィッシングでは、なおさらシビアにシーバスの居る深さにルアーを通してやる必要があります。

そう考えると、タックルボックスの中には、水面から底層までを全水深を狙えるルアーを揃えておくことが絶対条件になります。

「どのルアーを持ち歩くか?」というルアーありきの選び方ではなく、「どの水深を狙うためにどのルアーを持ち歩くか?」という、より具体的な理由のある選び方が求められます。

目の前に広がるフィールドの具体的な状況に合わせて選ぶ

シーバスフィッシングを続けて、シーバスが釣れたときの経験や、逆に釣れなかったときの経験が蓄積されていくと、ある程度目の前の状況に合わせてルアーを選べるようになってきます。

そして、その経験というのはどんなプロの金言よりも大切にすべきです。

あるプロが

某プロ
〇〇の状況の時には△△ルアーが効く

と言ってたけど、自分の経験上は「△△は効果的ではないと思うんだけど…」と思ったら、その場合は自分の経験を優先してルアーを選びましょう。

目の前に広がるフィールドについては、あるプロよりもあなたの方がよく知っているはずです。

プロは日本全国釣り歩いているので豊富な経験を持っていますが、あなたの目の前に広がるフィールドに限って言えば、あなたの方が詳しいはずです。

もちろん、プロがいう「△△」を試してみるのは構いませんが、あくまで選択肢の一つにしましょう。

それでも「好き」を大切にして選ぶ

釣果最優先の場合には、タックルボックスに入れるルアーのレンジにはしっかりとこだわるべきです。

ただ、趣味で釣りをする以上、やっぱり

ビギナー
このルアーで釣りたい!!

って思いを持つ人もおられることでしょう。

そういう場合には、他人から何と言われようと、好きなルアーをタックルボックスに入れておくべきです。

というのも、経験上、他人から

上級者
このルアーよく釣れるよ!

と勧められて使ってみたけど釣れなかった場合と、

ビギナー
このルアーで釣りたい!

という自分の思いを貫いて釣れなかった場合とでは、達成感や満足感が全然違います。

自分の使いたいルアー、自分の釣りたいルアーを投げ続けて釣れなかった場合には「しょうがいない」というあきらめの気持ちになれます。

でも、他人から勧められて使ったルアーで釣れなかったときは

ビギナー
なんだ、釣れねぇじゃん(;´・ω・)

というマイナスの感情が大きくなってしまいます。

せっかく興味を持って始めたシーバスフィッシングなのに、他人に振り回された結果、釣れないってことになるとけっこう凹みます、マジで。

そうなるくらいなら、いっそのこと、自分が納得いくルアーを投げ続けて華々しく散った方が気持ちの整理がつけやすいです。

僕の経験上、ルアーフィッシングというのは釣果至上主義よりも、ルアーに対する第一印象を大切にした方が長続きする趣味です。

他人やSNSに振り回されるよりも、自分の「これで釣りたい」という気持ちを大切にしましょう。

これは理屈ではありません。

経験でもありません(そもそも経験値がない)。

それでも「これで釣りたい」を大切にしてください。

経験を積み重ねていく中で、ルアー選びのウエイトを「好き」から「釣果」へ振っていけば特に問題はありません。

ルアー選びにはどうしても経験が必要

シーバスフィッシングを続けていると、動画やテレビなどで解説を聞いたところで、どうしても超えることのできない壁があります。

それが「経験」を必要とするファクターです。

たとえば、キャストの技術タックルバランスの考え方魚の取り込みのスムーズさ、などです。

これらは、動画の解説を見たところで一朝一夕で身につくものではありません。

動画の解説を参考にしつつも、自分で経験を積み重ねて、自分なりの答えや方法を身につけていく必要があります。

ルアー選び」も経験が必要なファクターの1つです。

いまなぜこのルアーをチョイスしたのか?

一応の理由付けをしてルアーを選ぶためには、それなりの経験が必要です。

経験値が必要なファクターについて他人の答えを求めても、あまり有益ではありません。

たしかに、他人の答えは参考にはなります。

でも、あくまで「参考」です。

あなたにとっての「答え」ではありません。

経験が必要なファクターについては、焦らずに「そういうもんだ」と思って割り切りましょう。

シーバスフィッシングを始めたばかりで経験値が少ない時期にルアー選びに迷ったら、「好き」なルアーや「これで釣りたい」ルアーを選びましょう。

ルアー選びはルアーフィッシングの醍醐味!

そこそこ大きな釣具屋に行くと、実に多くの種類のルアーが並んでいます。

ビギナーの頃には形や色の違いくらいしか分からないことでしょう。

それでも、数多くのルアーを目の前にすると、釣具屋でルアーを選ぶときにとても興味深く1つ1つのルアーを眺めてしまうものです。

また、ルアーのメーカーや商品名を覚えてくると、より一層ルアー選びが楽しくなります。

これはルアーフィッシングの面白さの1つといえます。

また、ルアーフィッシングにおけるルアー選びは釣具屋でルアーを買うときだけの話ではありません。

実際にフィールドに立ったときどんなルアーを投げるのか?

状況に合わせてどうルアーを変えていくのか?

この「戦略的なアプローチのためのルアー選び」こそルアーフィッシングの醍醐味です。

なぜ、いま、この状況においてこのルアーを選択したのか?

これを考えながら釣りをするようになると、シーバスフィッシングがもっと楽しくなってきます。

そのためには、ルアーの種類やそれぞれのルアーの特徴を理解したうえで、ある程度自分なりの経験を積み重ねる必要があります。

時間がかかる作業ですが、ルアーフィッシングの醍醐味といえる部分なので、焦らずに少しずつルアーの種類や特性を理解していきましょう。