【違いは何?】ナイロン・フロロ・PEのライン選び

釣りを始めてみようと思って釣具屋さんに行くと、釣り道具の種類の多さに本当に驚きます。

釣り糸も、ただの糸と思うなかれ。

釣り糸にも【ナイロン】【フロロ】【PE】といった種類があります。

特に釣り糸は、魚とアングラーとをつなぐ重要な役割を果たしています。針と糸なしでは釣りはできません。(ロッドとリールはなくても釣りはできます)

このページでは、ラインの違い・選び方について、主にシーバスフィッシングを念頭に置いて説明します。

ラインの種類(ナイロン・フロロ・PE)

ルアーフィッシングで使うライン(釣り糸)は大きく分けて3種類。

ナイロンモノフィラメント(ナイロン)

フロロカーボン(フロロ)

PEライン(PE)

ナイロン】【フロロ】【PE】 です。

この他にもポリエステルライン(エステルライン)というのもありますが、ほぼ使うことはないラインだと思うのでここでは割愛します。

ナイロンラインとは

ナイロンとは、ポリアミド合成樹脂繊維でできた単糸構造の釣り糸です。(私には小難しいことはわかりませんので、これ以上触れないで下さい)。

要するに、「化学繊維でできた1本の糸」です。

ルアーフィッシングに限らず、ほぼすべての釣りのメインラインとして使うことができる優秀なラインです。

ナイロンの特徴

しなやか

擦れに強い

とにかく扱いやすい

安価

引っ張ると少し伸びる

水に浸けておくと吸水してフニャフニャになる

ナイロンの用途

(ほぼ)すべての釣りのメインライン

ショックリーダー

フロロカーボンラインとは

フロロとは、ポリフッ化ビニリデン(フッ素系樹脂繊維)でできた単糸構造の釣り糸です。(私には小難しいことはわかりませんので、これ以上触れないで下さい)。

フロロモノフィラメントという呼び方はしませんが、フロロもナイロンと同じモノフィラメント(単糸構造)です。

フロロの特徴

引っ張っても伸びが少ない

水に浸けておいてもほとんど吸水しない

擦れに強い

硬い

太い

扱いにくい

やや高価

フロロの用途

一部の釣りのメインライン

ショックリーダー

PEラインとは

PEとは、ナイロンやフロロのようなモノフィラメントと異なり、ポリエチレン繊維の細糸を複数本縒り(より)合わせて編み込んだ釣り糸です。

Polyethylene(ポリエチレン)をPEと略しています。

4本縒り、8本縒り、12本縒りなどがあります。

PEの特徴

細いのに引張強力がかなり強い

引っ張ってもほとんど伸びない

吸水しない

擦れにめっぽう弱い

高価

PEの用途

一部の釣りのメインライン

ルアーフィッシングのメインライン

バスフィッシング

ナイロンフロロPEすべて使います。

ナイロンかフロロを使うアングラーが多いです。

トラウト・サーモンフィッシング

ネイティブトラウトもエリアトラウトも、トラウト用のラインはナイロンがメインです。ただし、大型ネイティブトラウトの場合にはPEが使われることもあります。

ネイティブサーモンの場合には、PEが多いです。

ソルトゲーム

PEが主流です。

もちろんナイロンやフロロも使えますが、ソルトゲームではPEの恩恵(引張強力の強さ、ラインの細さによる飛距離UP)が大きいのでPEが好んで使われます。

シーバス用のラインもほとんどの場合にPEが使われます。

PEの種類

PEの種類(4本縒り、8本縒り、12本縒り)

上記のとおり、モノフィラメント(単糸)構造のナイロン・フロロと異なり、PEは複数糸の縒り(より)糸構造です。

縒っている本数の違いにより、「4本縒り(×4)」「8本縒り(×8)」「12本縒り(×12)」というふうに区別されます。

一般的に釣具屋でよく見かけるのは、×4か×8がメインです。

×4と×8の違い

×4と×8の違いは、4本の細糸を束ねているか8本の極細糸を束ねているかの違いです。

しかし、その違いによりけっこう重要な差が生じます。 

糸の価格(最重要項目)

×4より×8の方が価格が高いです。

最近は×8の価格も2000円台くらいになってきましたが、15年くらい前は4000円くらいしていました。

×4は、メジャーどころのメーカーでも1000円台から買えます。

これはなぜか?

当たり前の話ですが、1号の太さのラインを作ろうとすると、×8の一本一本の繊維は、×4の半分(2分の1)の細さにする必要があります。

それだけ手間がかかります。

製造に手間がかかると、道具は高くなります。

性能の差とは別次元の問題です。

「値段が高いから×8の方が性能が良い」という問題ではありません。

糸の断面の形

×8は、×4の2分の1の細さのPE繊維を、×4の2倍の本数編み込んでいます。

これにより、×8は、×4よりも糸を密に編むことができます。×8は糸を密に編むことで、糸全体の断面が真円に近くなります。(ドットが細かい方が画が綺麗になるイメージ

極細糸をたくさん縒る方が、糸の断面が綺麗な真円に近づきます

逆に×4は、一本一本の太さが×8の2倍の太さの糸を半分の本数で縒っているため、糸の断面が×8よりも扁平気味になります。

×8よりも×12の方がさらに真円に近い糸になります。

糸鳴り

糸の断面の形に由来する現象です。

×4は糸の断面が扁平気味になるため、ガイドとの接触面が×8より大きくなります

そのため、ガイドに擦れるときに音が鳴ります(これを「糸鳴り」といいます)。

これに対して、断面が真円に近い×8は、ガイドとの接触面が×4よりも小さくなるため糸鳴りがほとんどしません。

音が鳴るから何なんだ?と言われれば、特に問題はありません。

ただ「気になる」というだけです。

なお、トルザイトリングのガイドの付いたロッドを使用すると、×8でも糸鳴りがすることがあります。

糸の太さ

一般的に、同じ号数×8の方が太いです。

ごくわずかな差です。

引張強力の違い

一般的に、同じ号数でも×8の方が引張強力が強いです。

(×8の方が太いので、当然といえば当然かもしれません。)

糸のハリ・コシ

ナイロンやフロロと異なり、PEはかなりフニャフニャしたコシのないラインです。

どちらもコシがないのですが、一般的には、同じ号数でも、×8の方がフニャフニャでコシがないです。

(ショック)リーダーって何?

PEのデメリット

ルアーフィッシングでも餌釣りでも、およそ釣りをしていると必ず絶対にどこかでラインを擦ります。

魚の歯や体、波止や地面等のコンクリート、海中の杭やロープ、海底のゴロタ石、橋脚 etc…

PEはラインをピンと張った状態で硬いものに擦れると、いとも簡単に切れてしまいます。

もともと擦れに非常に弱いのに加えて、PEを使う場合はナイロンやフロロよりもかなり細い糸を使います。

そのため、メインラインにPEを使用する場合には、PEの先端に1mほど擦れに強いライン(ナイロンorフロロ)を結束します。

これを【(ショック)リーダー】といいます)。

リーダー用のライン

ナイロン

フロロ

のどちらか

ショックリーダーとして使用するラインは二択です。

ナイロン or フロロです。

根ズレ対策としては、基本的にどちらでも構いません。

この2つは、PEに比べるとはるかにスレ(擦れ)に強いです。

ラインの「強さ」ってどういうこと?

アングラーがよく使う言葉に「ラインの『強さ』・『強度』」というのがあります。

この言葉には、2つの意味があります。

引張強力

耐摩耗性(根ズレ耐性・スレ耐性)

引張強力って何?

引張強力とは、ラインに荷重をかけた時にどの程度の負荷で切れるか?ということです。

ラインの引張強力は「〇〇lbs(ポンド)」という表示で書かれています。

たとえば、「20lbs」表記のラインの場合、20ポンド未満(以下かな?)の荷重で切れるラインであることを表しています。

これを、ポンド表記と(勝手に)呼んでいます。

これは、ラインに荷重をかけた時にどの程度の負荷で切れるか?ということを表しています。

釣り糸のサイズ表記方法はもう1つあります。 それは、「号数表記」です。

号数表記とは、「3号」「5号」「10号」という表記方法です。

これは、ラインの太さを表示しています。

2010年にナイロンとフロロの統一規格が制定され、同じ号数のラインであればナイロンもフロロも同じ太さです。

ナイロン・フロロ・PEの引張強力

20ポンドの表記のナイロン・フロロ・PEでは、どのラインが引張強力が強いでしょうか?

答えは、同じです。

どれも、20ポンド未満の荷重で切れます。当たり前の話です。

では、同じ号数(太さ)で比較した場合、どのラインが引張強力が強いでしょうか?

引張強力の強さは次のとおりです。

PE >>> ナイロン ≧ フロロ

PEは引張強力がぶっちぎりで強いです。

製品による差はありますが、PEは1号の太さで16ポンドほどあります。これに対して、ナイロンやフロロは1号の太さでだいたい4ポンドほどです。

なので、不意の大型魚が掛かる可能性のあるソルトゲームにおいて、PEは市民権を得るにとどまらず、一気にシェアを奪ってしまいました。PEと、ナイロン・フロロの引張強力は比べものになりません。

これに対して、ナイロンとフロロは、引張強力の差はほとんどありません。

ナイロンの方がわずかにフロロより引張強力が強いという程度です。

フロロ>ナイロンじゃないの?

よく「フロロの方がナイロンより引張強力が強い」と誤解されることがあります。

確かに、フロロは太くて硬いので、同じポンド表記のラインを触ってみると、フロロの方が強そうに感じます。

しかし、そう「感じる」だけです。

実は、同じポンド表記 のライン (ナイロン3ポンドとフロロ3ポンド)であれば、一般的にナイロンよりフロロの方がわずかに太いです。

たとえば、サンラインのリーダーに「システムショックリーダー」というシリーズがあります。

このシリーズのラインナップにはナイロン(NY)とフロロ(FC)があります。

しかし、システムショックリーダーの30ポンドのナイロンとフロロを比べると、各ラインの太さは次のとおりです。

ナイロン = 0.435mm(7号相当)

フロロ = 0.470mm(8号相当)

フロロの方が0.035mmほど太く作られています。

これはなぜでしょうか?

一般的に、フロロをナイロンと同じ太さにしてしまうと、フロロはナイロンと同じ引張強力が保てないんです。

システムショックリーダーのフロロをナイロンと同じ0.435mmで作った場合、フロロでは引張強力が28ポンドとか26ポンドになってしまうということです(たとえば話です)。

ナイロンと同じ30ポンドの引張強力を保つために、フロロはナイロンよりもわずかに太く作られるのです。

強いフロロもある

これまでは一般論ですが、フロロの中には引張強力を売りにしたラインもあります。

たとえば、このページのアイキャッチ画像に使用しているSeaguar Grandmaxショックリーダー(クレハ)です。

画像のような6号の太さのラインであれば、だいたいの製品はナイロンもフロロも22ポンド相当のラインが多いです。

しかし、グランドマックスは、6号の太さで28ポンドの引張強力があります。

つまり、引張強力の強いフロロカーボンです(さすがクレハ!)。

余談ですが、フロロカーボンのラインを原料から作っているのは、日本ではクレハだけです。したがって、管理人的には「フロロといえばクレハ」というイメージがあります。

耐摩耗性って何?

耐摩耗性(根ズレ耐性・スレ耐性)とは、硬いものやザラザラしたものにラインを擦った時にどの程度耐えられるか?ということです。

耐摩耗性は引張強力とは異なり、客観的に数字で表せるものではありません。(たとえば、〇〇lbsの負荷を掛けたら擦り切れたというような計測はできません。)

そのため、昔から「フロロはナイロンより擦れに強い」だとか、逆に「ナイロンの方がフロロよりも擦れに強い」といった情報が錯綜しています。

耐摩耗性は、客観的に甲乙付け難いのです。

そこで、管理人は耐摩耗性について自分なりに実験を行いました。

一般的に、PEは耐摩耗性が弱いと言われます。

ただしPEは、引張強力が強いため、ナイロンやフロロと同じ太さのラインを使うことはありません。ナイロンやフロロよりも細糸を使うことができることがPEの最大のメリットです。

したがって、ナイロンやフロロよりもかなり細いPEの耐摩耗性を検討すること自体に意味はありません。

とにかく、PEはナイロンやフロロよりも耐摩耗性が弱いということだけ念頭に置いておいてください。

ナイロン≒フロロ

耐摩耗性についても、(管理人の感覚としては)「フロロ>ナイロン」という考え方の方がかなり優勢のように思います。

しかし、管理人が耐摩耗性について実験したところによると、ナイロンとフロロの耐摩耗性についてはほとんど違いはありませんでした。

逆に、気持ち「ナイロンの方が強いかなぁ」という印象です。(本当に感覚的な違いです。)

むしろ、ナイロンorフロロの違いによる差よりも、圧倒的に製品による差の方が大きいです。

GT-R Ultra(サンヨーナイロン)と耐摩耗ショックリーダー(山豊テグス)の耐摩耗性なんて、他のラインとは比べ物にならないくらい強かったですよ。

もう、ぶっちぎりです。

なぜフロロ最強説が誕生したか?

管理人が行ったとてもサンプル数の少ない実験によれば、対摩耗性について「フロロ最強!」というほどのフロロの優位性はみられませんでした。それどころか、製品によっては、ぶっちぎりで耐摩耗性の強いナイロンがありました。

それにもかかわらず、 釣り業界では「リーダーはフロロ」「根ズレに強いのはフロロ」「ナイロンは初心者用」という感じで、けっこうな支持を集めているのが【フロロ最強説】です。

では、なぜフロロ最強説が誕生したのでしょうか?

メディアの影響

正直、これが一番大きいと思います。(というより、95%くらいはこの理由だと思います)

多くのアングラーがメディアでさんざっぱら「フロロは根ズレに強いぜ」とか「根が荒い場所ではフロロを使いましょう」とか、口に出すまでもなく当然のようにリーダーとしてフロロを使っているとか…。

こういう状況を目の当たりにしていれば、嫌でも「根ズレにはフロロ最強」みたいな印象になってきます。

実際のところ耐摩耗性の差なんて微々たるものです。しかし、その微々たる差が、0:100(ナイロン:フロロ)くらいの印象になってきます。とにかく「根ズレにはフロロ」だと。

しかし、サンプルの少ない実験結果だけみると、ナイロンとフロロの根ズレ耐性なんてほとんど差がありませんし、擦れる角度によってはナイロンもけっこう切れません。

さらにいえば、GTRウルトラと耐摩耗ショックリーダーは、他のライン(フロロ含む)と比べものにならないくらい根ズレに強いですよ。

触ったときの印象

フロロは太く硬く張りのあるラインです。

ラインが太くなればなるほど、触り比べたときにこの差が顕著に現れます。

ナイロンとの差は歴然です。触り比べればすぐにわかります。

そして、(人間の正常な感覚だと思いますが)たとえ擦れに弱いラインであろうが、引張強力の弱いラインであろうが、太くて硬くて張りのあるラインを触れば、直感的に強そうに感じます。誰だってそうだと思います。

初めてPEを触った人は「こんな裁縫糸よりも細い糸で大丈夫?」と感じる人が少なくないと思います。

しかし、実際に使ってみると、PEは引っ張ってもなかなか切れません。

「大丈夫?」と感じるのは単なる印象にすぎません。

それと同じです。フロロは触った時に「強そう」な印象を受けます。

しかし、あくまで「強そう」という印象にすぎません。実際はナイロンとほとんど変わりません。

ラインの削れ方

実際に根ズレテストをして実感したのですが、ナイロンとフロロのラインの削れ方って、実はかなり違うんですよ。

パッと見でどれが一番痛々しく見えますか?

おそらく、多くの人にとって「ナイロンが痛々しい」と感じると思います。

ナイロンは、擦れたときにラインの表面がザラザラ、ブツブツ、ギチギチになってきます。

まるで死闘の果てのように…。

とにかく、ナイロンの傷は見ていて痛々しいです。

これ対してフロロは、ライン表面がササクレのように繊維だけめくれてきます。

しかしフロロは、ライン表面の傷こそ浅そうに見えますが、擦れが一定数に達すると簡単に切れます。

ちなみに、真ん中のラインは耐摩耗ショックリーダーですが、これは見た目にも傷ついてる感じが少ないです。

まさに圧倒的

ラインの選び方

メインライン

POINT

ナイロンはとにかく万能

飛距離が必要な場合はPE

ソルトではPEが有利

根ズレの多いポイントはPEは×

基本的にナイロンを使っていて問題が生じることは少ないです。

それくらいナイロンは優秀です。

飛距離や引張強力が必要な場合は、PEを使います。

ただし、障害物の多い場所ではPEは×です。ナイロンを使いましょう。

ショックリーダー

POINT

ナイロンはとにかく万能

フロロでも基本的には問題なし

根ズレ防止のためのショックリーダーはナイロンでもフロロでもどちらでもOKです。

あえてフロロを使う理由がなければ、ナイロンでいいと思います。

ただし、ロッドが柔らかいといった理由によりフッキングが甘くなる傾向があるときは、伸びの少ないフロロの方がしっかりフッキングできるます。

逆に、タックルバランスが硬めで魚を弾きやすい傾向があるときは、ナイロンの伸びを利用してショックを吸収すると魚が乗りやすくなります。



Sponsored Link