冬は釣れない?冬の釣果アップのコツは意外なところにあった!

冬はターゲットも少なく海も荒れやすいためオフシーズンにしてしまうアングラーも多いです。

アングラーが冬に釣りをしない一番の原因は…

寒い

これに尽きます。

でも寒くても、たくさん釣れれば釣りに行くようになるでしょう。

しかしアングラーに追い打ちをかける事実…それは…

冬は釣れない

寒いし釣れないから釣りに行かなくなります(そりゃそうだ)。

このページでは、冬でも釣りに行きたくなるような冬の釣果アップ方法についてご紹介します。

そもそもなぜ冬は釣れない?

冬に釣果アップを目指すためには「冬に釣れない理由」を知る必要があります。

魚がいない?

いえいえ、冬でもルアーのターゲットになるような魚はけっこういます(地域差あり)。

たしかに冬になると産卵に備えて深場に移動するため個体数が少なくなる魚種はいます。

しかし中海~境水道であれば、シーバスマゴチヒラメクロソイサゴシアジメバルアイナメ…などが狙えます。

むしろクロソイやメバルは冬が本番。

山陰中央部エリアで冬に狙えるルアーターゲットはけっこういます。

狙える魚種は決して少なくありません。

釣れない原因は…

心の問題

結論はこれ。

いや、マジで冗談抜きに。

一年中同じメンタルで釣りができている人なんています?

釣れなければ心が折れるし、寒ければ早々に納竿したくもなります。

そしていずれは冬には釣り場に立たなくなる…

という負のスパイラル。

これこそが冬の釣りを難しくしている根源です。

Sponsored Link

タックル買うより防寒着を買え!!

これもいたって真面目な話です。

ルアーマンがお金をかけるところってほぼ決まっています。

ロッド リール ルアー

三種の神器です。

これさえ素晴らしいものを手にすれば魚が釣れると思っている人は非常に多いです。

(まぁ実際には釣れるんだけど…)

釣り歴が長い人でも意外とウェアにはお金を掛けない人がいます。

ベテラン
俺はワークマンで充分だよ

いやいや、真面目な話、釣りとか登山とかの専門ウェアって快適さが段違いですから。

専門ウェアでなくても、頭のてっぺんからつま先までのどこかに冬用品でないものを纏っていると、そこから寒気は襲ってきます。

冬用品は必須です。

若者アングラーの中には冬でもスニーカーを履いている子もいますが、冬用ブーツと比べると暖かさがまるで別物ですよ。

冬に魚が釣れない原因は

とにかく寒くて釣りに集中できない

ことがほぼ9割。

逆に、冬でも春や初秋と同じような快適さで釣りができれば、それほど釣果に影響はありません(管理人調べ)。

ショーカラ
もちろん冬になると深場を求めて移動したり、そもそも個体数が減る魚種もいるので、そういう魚種は釣れなくなりますよ

まとめ

冬でも釣れる魚種は意外に多い
冬こそ狙える魚種もいる
冬に釣れないのは魚の問題ではない
冬に釣れないのは己の心の問題である
最強の防寒着を身に纏おう
釣り人
誰だって防寒しとるわい!
それでも釣れないんじゃボケ!!

といわれそうですが、そういう人に限って、ただ重ね着をしているだけだったり無駄に厚着をしているだけだったりします。

餌釣りならいいですが、ルアーフィッシングの場合、動きやすさや機動性を失っては即釣果に影響します。

釣り人
(あのへんチョット投げてみたいけど、服が厚くて動きにくし、寒くてあそこまで行くの面倒だからまぁいいや)

こんな考えが一瞬でも頭をよぎったことがある人はすでに釣果に影響が出ています(たぶん)。

断言できますが、冬に釣果をアップさせるコツは間違いなく「春や秋と同じような快適さで釣りができるか」という点にあります。

冬の釣りは、タックルを揃えるよりも、集中して釣りができるようにウェアにお金をかけましょう。

ナチュラルリリース

暖かい気温の続いた2019年の秋も11月半ばになり一気に冷え込んできました。 これからの時期の釣りはデイゲームもナイトゲ…



Sponsored Link