【錦海公園】中海シーバスポイントマップ【米子エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

中海の(ほぼ)最奥部のポイントが【錦海公園】です。

錦海公園の対岸は島田干拓地(【島田船溜まり周辺】)です。錦海公園の目と鼻の先あります。

錦海公園は、管理人が初めて90アップのシーバスのタモ入れを手伝った思い出のあるポイントです。(シーバスを釣ったのは、管理人の近くで釣りをしていた面識のないアングラーです)

錦海公園へは二か所の交差点から行くことができます(印)。

上の印が【錦海団地東入口】です。ローソンの交差点から入っていきます。

下の印が【錦海団地西入口】です。【保険マルシェ】という看板が目印です。

錦海公園内にある駐車場
錦海団地西入口から入ったところにある駐車場

このポイントは駐車場が広いため、駐車スペースで苦労することはありません。

ただし、住宅街が近いため、深夜帯のアイドリング音や騒ぎ声は厳禁です。

以前、住民とアングラーとの間でトラブルがあったと聞いたことがあります。

錦海公園エリアは中海シーバスの貴重なポイントなので、釣り禁止になってほしくはありません。

住民の生活環境には十分に配慮・尊重するようにしましょう。

錦海公園内にあるトイレ
錦海団地西駐車場近くのトイレ

このエリアにはポイントのすぐ近くにトイレが二か所もあります。

子どもや釣りガールも安心してシーバスフィッシングを楽しむことができるポイントです。

ポイント概要

中海側には遊歩道が整備されていて、ベンチや街灯も設置されています。

釣りをするうえではこのうえない環境が整っています。

また、水道が設置されているのも非常に助かります。

安来方面
米子方面
錦海公園野球場の裏のポイント

錦海団地西駐車場の目の前には小島があり、この周辺はポイントになります。

錦海公園エリアは米子方面から安来方面まで整備されたまっすぐな遊歩道が続いています。

ここをランガンしながら釣っていきます。

ジョギングやウォーキングをしている住民の方もおられるので、くれぐれも注意して釣りをしましょう。

堤防の下の足場は石畳になっていて足元は悪くありません。しかし、この石畳は水位によって浸水します。

堤防の下で釣りをする場合には滑り止め機能のある長靴かウェーダーが必要になります。

堤防の上から釣りをする場合にはタモが必要になります。

釣り方

MEMO

シーズン:4~6、9~11月頃

ベイト:ボラ、ママカリ、ハゼなど

水深:浅くない

ウェーディング×

ルアーはミノー、シンキングペンシル、バイブレーション、ジグヘッドワームなど何でもあり

中海に面しているところは全域がポイントになる

東側の水路もポイントになる

中海側でランガンしながら潮の流れの効いている場所を探す

このポイントのベストシーズンは4~6月、9~11月頃です。

このポイントのメインのベイトはボラやママカリ、ハゼです。特にボラママカリは多いです。

水深はそれほど深くはありませんが、バイブレーションを使えるほどの深さはあります。

足場が良く遠浅ではないためウェーディングの必要はありません。

メインルアーはミノー、シンキングペンシル、バイブレーション、ジグヘッドワームなど何でもありです。状況に応じて様々なルアーを試してみましょう。

基本的な狙い方は、中海側を広くランガンして探っていきます。

中海に面している場所は全域がポイントになるので、とにかくランガンで狙っていった方が圧倒的に釣果が良いように感じます。

また、錦海団地の東側にある水路でもシーバスの実績がけっこうあるようです。しかし、東側の水路は水がけっこう汚れていることがあるので、個人的にはあまり好きではありません(あくまで私見)。

潮通しの良い中海側で釣りをする方が個人的には好みです(あくまで私見)。

錦海公園ポイントはオープンエリアなので「ここで釣って!」といった特徴はありませんが、駐車場やトイレ、水道が完備されていて、大型シーバスの実績もあるので中海シーバスの初心者にもオススメのポイントです。

とにかくランガンすることがキモです。



Sponsored Link