釣り場のゴミ問題をスタイリッシュに解決!

痒いところに手が届く第一精工から、スタイリッシュに糸クズや切れ端を持ち帰ることができる釣りゴミ収納ケースが一回り小さくなって登場しました。

切れ端×糸クズワインダー

※こちらは旧タイプの【糸クズワインダー

釣り現場でラインを結んでカットしたときにゴミになるラインの切れ端や、ライントラブルによってやむを得ずにカットしたときのラインの束。

処理に困りません?

正直なところ2~3cmのラインの切れ端であればそのまま切り落としていますが、10cm20cmになってくるとそのまま捨てるのはかなり抵抗があります。

ライントラブルを処理した後のライン束なんて、まずそのまま捨てることができません(怒られるので)。

とはいえ、ポケットに仕舞うとそのポケットにモノを入れられなくなります(せっかくのポケットがデッドゾーンになる)。

ファスナー付きのポケットに仕舞ったときなんて、ファスナーがラインを噛んだ経験ありませんか?

ショーカラ
管理人はしょっちゅう噛みます

私は食品保存用ジッパーをバッグに忍ばせて、ゴミクズはなるべくジッパーに入れるようにしていました。

でも、いちいちジッパーを家から持ち出すのは忘れることがあります。

ゴミを捨てるときも面倒なのでジッパーごと捨てることがあり、けっこうもったいない(というより家族からうるさく言われる…)。

結局、糸クズをそのままポケットに入れてしまうことがありました。

この点、切れ端×糸クズワインダーがあれば半強制的にケースにゴミを入れるようになるでしょう(;’∀’)

使い捨て要素の強い食品保存用ジッパーよりも忘れにくくなるかも…

Sponsored Link

それともう一つ気になるのが

ジャンクポケット

最大のメリットは

破損したジグヘッドやワーム・パッケージの切れ端を収納できること。

パッケージの切れ端はともかくとして、先がつぶれたジグヘッドを入れられるのは超助かる。

破損したジグヘッドって入れる場所に困るので元のケースに仕舞ってしまうことが多かったです。

そして釣行毎に「あ、これ捨てないと」と思いつつ、使わないジグヘッドがしばらくの間ケースの中に入っているという経験。

ありません?

ショーカラ
管理人はけっこうあります

こういう一見して「誰が買うんだ?」というようなモノが商品化されると、実は助かる人も多いです。

アマゾンのレビューを見ても「こういうモノが欲しかった!!」的な評価が多数。

今年はこれで意識高い系アングラーを目指します



Sponsored Link