【レビュー】売れすぎ御免!もはや幻となったジャークソニックをご紹介!!

売れすぎて全国で奪い合いなっている ジャークソニック 。

数年前は普通に買えたのに、今では転売ヤーが暗躍するほどに売れに売れて手に入らない。

なぜこんなことになってしまったのか!?

それはちょっとわかりませんが、一つには、最近の流行りのルアーにはない性能を備えているということがあります。

ウェブサイト運営者的にはウェブで購入できない商品はリンクが貼れないので、まったく旨味がありません( ; ᯅ ; `)

でも、シーバス入門者に『よく泳ぐルアー』の神髄を伝えたい!

このページでは、売れに売れて手に入らないけど、いつか是非使ってほしいジャークソニックをご紹介します。

ジャークソニックとは

ジャークソニックとはウォーターランドから発売されているジャークベイト(ミノー)です。

ジャークソニックという名前のとおりジャーキングに対するレスポンスがすこぶる良いのが特徴です。

もちろん、ジャーキングではなくタダ巻きでもキビキビ動きます。

動いているかどうかわからない最近の弱々しい動きのルアーとは一線を画すハイアピール系のミノーです。

サイズ展開は

サイズ展開
55(S)
65(S)
90(S)
110(F)(S)

です。

Sponsored Link

ディテール

ザ・ジャークベイトというクラシカルなボディシェイプです。

言っちゃ悪いけど、パッと見は100円ショップに並んでそうな形です、ぶっちゃけ。

最近のルアーには珍しく幅広のリップになっています。

リップが大きめなので水の抵抗を感じやすく、軽いロッドアクションにもレスポンスがすごくいいです。

現在、110サイズのみフローティングモデルとシンキングモデルがあります。

フローティングモデルのみ『F』と表記してあります。

シンキングに『S』と表記してあるわけではありません。
背中部分に何も書いてないものはシンキングモデルです。

ベリー部分にWaterLandと書いてあります。

ベリーがかなりフラットな形状なので、フォールのときにフラフラと揺れながら沈んでいきます。

Sponsored Link

ジャークソニックのすごいところ

秒で完売

ま、これはルアーの性能は(ほぼ)無関係ですが。

ルアーウェブショップに出品したり、電話注文を受け入れると潮来釣具センターがパンクしてしまうようです。

それくらいすぐに注文が入るそうです。

一日で1500個売れたこともあると聞きました。

基本的には店頭販売がメインです。

たま〜にウォーターランドから仕入れたショップがネット販売している程度です。

最近はネットで買えなくなってしまったので、僕は非常〜に困っています。

カラーが基本に忠実

これはすごいところというよりおすすめポイント。

最近のルアーは奇をてらった〇〇キャンディーとか、超ナチュラル系の〇〇鮎みたいカラーライナップが増えてきました。

それはそれで釣れるから構いませんが、奇をてらったカラーだとカラーローテーションのどのタイミングに組み入れるか迷う(よくわからない)し、超ナチュラル系カラーだとせっかく動きの大きいルアーなのにアピール力が下がってしまいます。

ジャークソニックは良くも悪くも古いタイプのルアーのカラーラインナップです。

ピンクバックシルバー、アカキン、クロキンみたいな。

派手目なものが多いです。

タックルボックスの中身がナチュラル系のルアーが多いって人にとっては、ジャークソニックはワンポイントのアクセントにもなるルアーです。

古いカラーラインナップの中にも『フロリダ』↑みたいなワケのわからない斬新案カラーもあります。

バランスが異次元

ジャークソニックの一番すごいところは

どんなアクションをさせてもバランスを崩さない

というところ。

ジャーキングをすれば途中でバランスを崩すことなく最後まできっちり泳ぎ切ります。

トゥイッチをすればアングラーのロッドアクションに機敏に反応してくれます。

アングラーの意図した動かした方に忠実に追従してくれて、途中でバランスを崩すことなく最後まで泳ぎ切ってくれるのがジャークソニックの最大の特徴であり、魅力でもあります。

魚種不問

ルアーフィッシング用のルアーといえば、バス用だったりシーバス用だったりヒラメ用だったりとカテゴライズされているのが一般的です。

でも、ジャークソニックは魚種格闘技戦仕様なので、特に〇〇用という括りはなく、どんなルアーフィッシングにも対応しています。

バスを狙ってもよし、シーバスを狙ってもよし、ヒラメを狙ってもよし、メバルを狙ってもよし、トラウトを狙ってもよし、サーモンを狙ってもよし、リーフフィッシュを狙ってもよし…

とにかく魚種にとらわれない使い方ができるのがジャークソニックです。

ジャークソニックの使い方

タダ巻き

名前とは裏腹におすすめなのがタダ巻き。

ジャークソニックをタダ巻きしてると、ジャークソニックの後ろをセイゴがけっこう追いかけてきます。

そこで、ピタッとポーズを入れたり、ワントゥイッチして止めたりするとバイトしてきます。

タダ巻きでも普通に魚を引っ張ってこれるのがジャークソニックです。

ジャーク・トゥイッチ

ジャークソニックの良さが最も発揮されるのがジャーキングやトゥイッチです。

激しく素早いロッドアクションでも、動きが破綻することなく追従してくるので、アングラーが『遊べる』最高のルアーです。

今までタダ巻きメインで釣りをしてきた人で、ジャーキングやトゥイッチの際のルアーの動きのイメージを掴みたいって人にも最適です。

Sponsored Link

こんなアングラーにおすすめ

ビギナー

ジャークソニックをとにかく使ってほしいのがルアーフィッシングのビギナーです。

なぜなら

ビギナーでも釣れる

から。

皆さんが考える『いいルアー』の条件って何でしょう?

考え方は様々だと思います。

僕はとてもシンプルに考えています。

僕みたいな下手くそでも魚を釣らせてくれるルアーがいいルアーだと思っています。

プロが使って魚が釣れても、プロにしか釣れないルアーだとしたら『いいルアー』だとは思いません。

それを使って僕みたいな下手くそにも魚を釣らせてくれるルアーこそ『いいルアー』の条件だと思います。

そこでジャークソニックなんですが、僕みたいな下手くそでもバンバン魚を釣らせてくれます(笑

僕みたいな下手くそでも魚が釣れるので、少しでも釣りをかじったことのあるビギナーなら十分に魚を釣らせてもらえるルアーです。

…と、ここまでは半分冗談です(半分は本気ですよ)。

なぜビギナーにおすすめかといえば、ジャークソニックはとにかくよく泳いでくれて、水の中の情報をたくさん伝えてくれます。

それに、バランスが良くハイレスポンスで泳ぎが破綻しないので、入門者がジャーキングやトゥイッチを覚えるのには最適なルアーです。

ジャーキングで釣ったことない

ルアーフィッシングの基本はタダ巻きなので、タダ巻きでしか釣ったことないってアングラーも少なくありません。

でも、同じ魚種といえども魚には個体差(性格の違い)があるので、ジャーキングやトゥイッチのような速くて不規則な動きの方が反応がいいって個体もたくさんいます。

そういう魚を釣るためにはジャーキングやトゥイッチを覚える必要があります。

でも、今までタダ巻きでしか釣ったことないアングラーだと、ジャーキングやトゥイッチをしても『果たしてそれでジャーキングになってるのか?』っていう、よく分からないモヤモヤした感じを抱くことでしょう。

ジャークソニックはアクションが破綻しないので、ジャーキングやトゥイッチを知らないアングラーが見よう見真似でジャークやトゥイッチをしても、ロッドワークに機敏に追従してくれます。

ジャーキングでの最初の一匹を釣るために安心して投げ続けられるルアーです。

注意点

ルアーのパッケージには『抜群の…遠投性能』的なことが書かれています。

でも、飛距離に過度な期待はしないでください

ジャークソニックはそもそも固定重心のミノーなので、決して投げやすい・飛ばしやすいルアーではありません。

110のフローティングのみ重心移動

サイズ感的にはヘビーウエイトですが、とはいえ10gそこそこのウエイトのルアーなのでそんなにそんなには飛びません。

中距離砲というくらいで考えてもらうのが適切といえます。

キング・オブ・ジャークベイトを遊び尽くせ!

ルアーフィッシングの基本はタダ巻き…

でも、ルアーを動かして魚を騙すのもルアーフィッシングの醍醐味です。

ワールドミノーもレスポンスがよくとても使いやすいルアーですが、ジャークソニックのレスポンスは別格で、アングラーの意のままに動いてくれるハイレスポンス・ハイバランスなジャークベイトです。

今までタダ巻きでしか釣ったことないってアングラーは、ぜひ一度ジャーキングの世界を体感してみてください。

ルアーフィッシングに対する新たな境地を発見できるでしょう。



Sponsored Link