【旧YSP裏】中海シーバスポイントマップ【米子エリア】

ここで紹介している中海シーバスのポイントは、過去にメディアで紹介されたり、釣具屋が公開している有名ポイントを管理人が中海シーバス初心者・中海シーバス遠征者向けにまとめたものです。

そのため、いわゆるシークレットポイントのようなポイントは含まれていません。

また、ここで紹介しているポイントにおける釣果は実績であって、現在の釣果を保証するものではありませんのでご了承ください。

なお、現場における安全確認はご自身で充分におこなってください。

アクセスマップ

錦海公園から見た旧YSP

新加茂川の最河口部にあるポイントが【旧YSP裏】です。

新加茂川を挟んで錦海公園の向かい側がポイントになります。

このポイントは新加茂川からの流れ込みになっていて、大型シーバスの実績もあります。

旧YSP裏へは国道9号線からこの坂道を下って行きます。

この施設は以前はYSPというボーリング場でした。

現在はフットサル場とボクシングジムの複合スポーツ施設になっています。

地元の釣り人はいまでもYSP裏と呼んでいますが、「YSP」で検索してもヒットしないかもしれないので注意してください。

ポイント概要

深浦橋(国道9号線)

新加茂川の最河口部には深浦橋が架かっていて、この明暗部はナイトゲームではとても面白いポイントになります。

スポーツ施設の目の前は遊歩道になっていて、階段から降りることができます。

もちろんこのポイントは釣り禁止のポイントではありません。

しかし、ジョギングやウォーキング中の人、自転車で行き来する人も多いので、くれぐれも釣り場のマナーは守りましょう。

スポーツ施設の目の前のポイント

スポーツ広場の目の前の海も、潮目ができるほどしっかりと流れが効いています。

YSP裏の遊歩道は湊山公園まで続いていて、ずっと釣り歩いて行くことができます。

このポイントは全域が遊歩道になっていて、とにかく足場の良いポイントです。

遊歩道から見た湊山公園の艇庫

湊山公園が見える所までいくと休憩できそうな東屋(四阿)があります。

東屋のすぐ横には大黒様と白ウサギの石像があります。

岸沿いはこれほど浅いですが、このくらいの水深(~20cm)があればシーバスがいるので、あえてウェーディングをする必要ありません。

このような浅瀬にベイトが溜まるため、夜になるとシーバスもこのような浅場に入ってきます。

釣り方

MEMO

★水深:浅い

MEMO

シーズン:4~6、9~11月頃

ベイト:ボラ、ママカリ

水深:浅い

浅いがウェーディングは不要

ルアーはトップウォーター、シャローミノー、シンキングペンシルがメイン

中海に面しているところは全域がポイントになる

深浦橋の明暗部も要チェック

このポイントのベストシーズンは4~6月、9~11月頃です。

このポイントのメインのベイトはボラ、ママカリです。

水深はそれほどとても浅いです。

このポイントは手前から浅いですが、かなり手前でヒットすることがあるので、あえてウェーディングをする必要はありません。

メインルアーはシャローミノーやシンキングペンシルなどの水面系ルアーが中心です。

管理人が特にオススメなのは、晩夏から深秋にかけてのトップウォーターゲームです。これだけ浅場に入ってきているシーバスは食い気が満々なので、かなりイージーにトップウォーターに反応することがあります。

基本的な釣り方は、中海側を広くランガンして探っていきます。とにかく中海に面している場所は全域がポイントになるので、ランガンで狙っていった方が圧倒的に釣果が良いように感じます。

全域が遊歩道になっていて足場も良いので、湊山公園まで往復するくらいのつもりでランガンしていけば、かなりシーバスに出会える確率は高くなると思います。

また、ナイトゲームの場合には深浦橋の明暗部をはじめ新加茂川側も面白いポイントです。



Sponsored Link