【何連崎】中海シーバスポイントマップ【江島・大根島エリア】

ポイントマップご利用上の注意点はこちら(必ずお読みください)

アクセスマップ

Sponsored Link

大根島の北西端に位置するシーバスポイントが【何連崎】です。

道路沿いにあるポイントなのでアクセスは容易です。

道に迷うこともありません。

ポイント周辺の目印として【グループホームやつかの郷】という高齢者入居施設があります。

やつかの郷の目の前一帯が何連崎のポイントになります。

駐車スペースらしい駐車スペースはありません。

ただし駐車可能なスペースは何連崎周辺にたくさんあるので時間帯などから交通の邪魔にならない場所に駐車しましょう。

ポイント概要

Sponsored Link

沖には航路用の目印があります。

ルアーが届くような距離ではありませんがキャストをするときの目標に使えます。

水面に顔を出すわずかな瀨

何連崎一帯の水深は浅く水面に出ている瀬もいくつかあります。

ナイトゲームをする際には根掛かりを最小限に止めるために明るいうちに下見をしておいた方が良いでしょう。

このエリア一帯が数年前に道路が整備されたため中海の護岸も綺麗に整備されています。

そのため足場はとても良いです。

何連崎のポイントのほとんどが斜め護岸ですが、一部にフラットな護岸があります。

ここはとても釣りがしやすいポイントですが瀬が荒いので注意が必要です。

釣り方

シーズン:3~6月、10~12月頃
◆ベイト:ボラ・ママカリ・サヨリ
◆水深:ポイント一帯が浅い
◆ウェーディング×
◆ルアーはシャローランナーがメイン
◆潮通しが良い
◆沖は潮の流れが効いているが手前はほとんど流れていない
◆沖の潮目を狙った回遊待ちで狙う
Sponsored Link

このポイントのベストシーズン3~6月10~12月頃です。

このポイントのメインのベイトはボラママカリサヨリなどです。

エリア全体の水深が浅いです。

浅いですがウェーディングが必要なほどではありません。

瀬が荒く水面まで出ている瀬もあるので、メインルアーシャローランナーシンキングペンシルです。

潮通しの良いポイントですが手前の流れは弱いです。

沖の方は潮の流れがけっこう効いています。

沖の潮の流れが効いているためか真夏でもシーバスがけっこう釣れます。

エリアにベイトが多いときは夏でも積極的にシーバスを狙う価値のあるポイントです。

基本的な狙い方は沖の潮目を狙った回遊待ちです。

何連崎は大根島の最北西端エリアなので中海を回遊するシーバスを狙いやすいポイントになります。

足場が良いポイントなのでランガンも可能ですが、ナイトゲームでは思わぬ瀬にルアーを引っ掛けてしまうことがあるので、ナイトゲームの時は根掛かりしないエリアで回遊待ちをする方が安心して釣りができます。



Sponsored Link