【馬渡港】中海シーバスポイントマップ【江島・大根島エリア】

ポイントマップご利用上の注意点はこちら(必ずお読みください)

アクセスマップ

Sponsored Link

江島のすぐ向かい側の大根島の入り口にあるシーバスポイントが【馬渡港(まわたしこう)】です。

大根島には馬渡港のような小規模な漁港がたくさんあり、すべての漁港でシーバスを狙うことができます。

馬渡港は一番江島に近い場所にある漁港です。

江島堤防から中海沿いに美保関八束松江線を行くのではなく、大根島の中心地に方面に入ってすぐのところを左折した場所にある漁港が【馬渡港】です。

ゴミステーション裏の駐車スペース
この前には駐車しないように

ゴミステーションのすぐ裏に広い駐車スペースがあります。

ゴミステーションの前に駐車するとゴミステーション利用者の迷惑になるで、ゴミステーションの裏のスペースを利用しましょう。

住民のための駐車場

馬渡港の中央部辺りにも駐車スペースがあります。

しかし、この駐車スペースは地元住民のために区画された駐車場になっているので絶対に駐車しないようにしましょう。

番号が割り振ってあるのですぐにわかります。

ポイント概要

北側の波止
南側の波止
東側の波止
Sponsored Link

港内には3カ所の波止があります。

東側にある波止が一番中海に近い(港の出入口付近)波止で、馬渡港のメインポイントになります。

進入禁止エリア

南側にある波止は、波止の半分から先が立入禁止エリアになっているので波止の先端まで行くことはできません。

ベイトが溜まっているときは港内でシーバスの捕食が見られることがあります。

捕食が見られない時でもシーバスの回遊を目視できることもあります。

港内は全域でシーバスを狙うことができます。

港の奥にはオシャレなカフェのような外観の漁師小屋があります。

オシャレ漁師小屋の横に港の裏へ通じる道があります。

港の裏は手前が浅いので、ウェーディングで少し沖に出て釣りをすることが可能です。

釣り方

シーズン:4~6、11~12月頃
◆ベイト:ボラ、ママカリ、サヨリ
◆水深:港内は足元から水深がある
◆港の裏は水深が浅くウェーディング〇
◆ルアーはミノー、シンキングペンシル、バイブレーション、ジグヘッドワームなど何でもあり
◆港の裏はシャローランナーがメイン
◆東側の波止から回遊待ち
◆港の裏はウェーディングで回遊待ち
◆ベイトが溜まるときは港内で捕食が見られる
◆港内はクロソイがけっこう釣れる
Sponsored Link

このポイントのベストシーズン4~6月11~12月頃です。

このポイントのメインのベイトはボラママカリサヨリなどです。

港内は足元から深いのでウェーディングはできません。

港の裏側は浅瀬が続いているのでウェーディングがメインになります。

メインルアーは、港内はミノーシンキングペンシルバイブレーションジグヘッドワームなど何でもあり です。

港の裏側はトップウォータープラグやシャローランナーがメインです。

港の裏側はけっこう瀬が荒いので、根掛かりするとなかなか外れないので気を付けて下さい。

基本的な狙い方は東側の波止から中海方面を狙った回遊待ちor港の裏側でのウェーディングによる回遊待ちです。

港内にベイトが溜まっているときは港内にもシーバスの回遊があるので港内をランガンすると釣果に結び付きやすいでしょう。

港の南側の波止の先端は立入禁止ですが波止の先端に常夜灯があるので、東の波止から常夜灯の周辺も狙ってみましましょう。

このポイントはクロソイがけっこう釣れる印象があります。

管理人はプラグで二度ほど40cm弱のクロソイを釣ったことがあります。

真冬のシーバスオフシーズンには港内のボトム攻めでクロソイを狙ってみるのも面白いでしょう。



Sponsored Link