ライフジャケットを着用しよう

毎年、日本全国で多くの人が水難事故で命を落とします。

特に釣りは、常に水難事故の危険と隣り合わせのレジャーです。

そんな楽しくもあり、危険でもある釣りというレジャーを十分に楽しむためには、大切な命を守る最低限の備えをしておく必要があります。

ここでは、そんな危険から身を守るためのライフジャケットについて説明します。

ライフジャケットとは

ライフジャケットとは、「落水したときに水に浮いて命を守るための道具」です。救命胴衣ともいいます。

ライフジャケットが必要かどうかは、釣りをする場所やシチュエーションによって異なります。

落水してもおよそ溺れる心配のないような場所(たとえば、100m先まで水深が膝下しかないような遠浅の海岸など)で釣りをする場合にまでライフジャケットを着用した方が良いとは思いません。

煩わしいだけです。

しかし、どんな場所で着用した方が良いのかわからない場合など、ライフジャケットを着用すべきかどうか自分で判断できない場合には、なるべく着用するように心がけましょう。

水難事故に遭う人はみんな、事故に遭おうと思って事故に遭っているわけではありません。水難事故に遭いたくて遭っているわけではありません。

自分の意思と無関係に起こるのが「事故」です。

ライフジャケットを着用していない釣り人も多いですが、自分の命を守るためなので着用した方が良いでしょう。

ライフジャケットにはいくつかの種類・タイプがあります。

どれが良いというわけではないですが、管理人の経験上、使いやすいと思った物をご紹介します。

浮力体入り or 膨張式

浮力体入りのタイプとは、ベストの内側に発泡樹脂の浮力体が入ってるライフジャケットです。

着用しているだけでそのまま浮くことができます。浮き輪を着けているのと同じ感覚です。

浮力体入りタイプのメリットは、着用するだけで浮くことができるということです。他に煩わしい操作は必要ありません。着けていれば良いのです。

浮力体入りタイプの デメリットは、胸と背中に厚みができて煩わしいことです。ベストの中に浮力体が入っているので、その分だけ体に厚みができて動きづらくなります。

膨張式は、着用しているだけでは浮くことができません。落水して浮き輪が膨らむことで浮くことができます。

膨張式のメリットは、かさばらないことです。浮力体は入っておらず、ガスボンベで浮き輪を膨らませるので、小さなガスボンベ分だけの厚みしかありません。

膨張式のデメリットとしては、いざとなった時にガンボンベが正常に動作するかどうかの心配が常につきまとうことです。ガスボンベが正常に動作しなければ、まっっったく意味がありません。

そのため、膨張式ライフジャケットのガスボンベは、1~3年で交換することを推奨しているメーカーがほとんど(すべて?)です。

子どもに着用させる場合には浮力体入りタイプが安心です。

大人の場合には膨張式で十分でしょう。

膨張式の2タイプ

膨張式のライフジャケットには2タイプのものがあります。

1つは、ベストのように羽織るタイプです。

もう1つは、ウエストポーチのように腰に巻くタイプです。

これはどちらでもかまいません。

ただし、ヒップバッグやウエストバッグに道具を入れて釣りをする人には、腰巻タイプは邪魔になります。

その場合には、ベストタイプの方が使いやすいです。

自動膨張 or 手動膨張

膨張タイプのライフジャケットには、自動膨張タイプ手動膨張タイプがあります。

自動膨張とは、落水したときに水を感知して自動的に浮き輪が開くタイプのものです。

手動膨張とは、落水したときに自分でヒモを引っぱって浮き輪を開くタイプのものです。

まったく泳げない場合には自動膨張タイプがオススメです。

そうでない場合には手動膨張タイプがオススメです。

なぜなら、手動膨張タイプは水洗いすることができるからです。

自動膨張タイプは、水を感知すると自動で浮き輪が膨張してしまいます。膨張すると元には戻りません。したがって、自動膨張タイプは水洗いすることができません。

ある程度泳げる場合には手動膨張タイプが良いでしょう。

フローティングベストとは

フローディングベスト(ゲームベスト)とは、ライフジャケットをルアーフィッシングに適した形に改良したものです。

胸ポケットにルアーボックスを入れたり、ハサミや予備のリーダーラインを入れたりできるので、バッグを持たなくても釣りができるようになっています。

ライフジャケットとの違い

ライフジャケット(救命胴衣)とは、一般的には国土交通省の安全基準を満たした「国土交通省型式承認品」のことをいいます。この場合には、日本国の国花である桜マークが印字されています。

他方で、桜マークが印字されていないもの、すなわち、 国土交通省型式承認を受けていないものフローティングベスト(ゲームベスト)といいます。

この2つの違いは、主に値段の違いです。(もちろん、国交省の承認を受けたかどうかの違いなのですが…)

桜マークがあるものは、けっこう高価です。

ゲームベストのメリット・デメリット

フローティングベスト(ゲームベスト)のメリットは、なんといっても機能性にあります。

フローティングベストは、ルアーフィッシングのため(だけ)に作られているので、ルアーマンの要求をふんだんに取り入れてルアーフィッシングに最適化されています。

もちろん、ライフジャケットよりも危険ということはありません。

桜マークがあるかないかの違いです。

フローティングベスト(ゲームベスト)のデメリットは、浮力体が入っていることによる動きにくさです。

管理人の知る限りでは、フローティングベストと呼ばれる機能的なもので膨張式のタイプはありません。ほぼすべて浮力体入りだと思います。

したがって、動きやすさは犠牲になります。

どれを選ぶべき?

ボートシーバスをする場合

まず、遊漁船に乗船してボートから釣りをする場合には、国の安全基準に適合したライフジャケットを着用する義務があります。

なので、桜マークの付いたライフジャケットが確実でしょう。

ベストタイプか腰巻きタイプかはお好みでかまいませんが、ベストタイプの方が浮いているときの姿勢が楽です。

オカッパリのみの場合

オカッパリでシーバスを狙う場合、国の安全基準を充たすことよりも、とにかく身の安全を図ることが最重要です。桜マークが付いた高価なライフジャケットである必要はありません。

また、「桜マークがなければ安全でない」というわけでもありません。

桜マークがないものでも良いので、できる限り着用するようにしましょう。

オススメは、ゲームベストか、腰巻タイプの手動膨張式です。

荷物のためにヒップバッグやウエストバッグを使う場合には、ベストタイプの手動膨張式がオススメです。

自分の身は自分で守りましょう

繰り返しになりますが、不幸にも水難事故に遭い、命を落とした人はみんな、事故に遭いたくて遭ったわけではありません。

意図せずして事故に遭い、命を落としてしまった人たちなのです。

事故はいつ、誰の身に起こるかわかりません。

不幸にも事故に遭ってしまったときに、「何も準備していなかった」では取り返しのつかない結果になってしまうかもしれません。

そうならないために、万が一の事故に備えておくことが大切です。

釣りは常に危険と隣り合わせです。その自覚をもって、精いっぱい釣りを楽しみましょう。



Sponsored Link