【スカーナッシュ】激戦区へ挑戦!BlueBlue渾身のリップレスミノー!!

シーバスシーンを象徴するルアーのジャンルに【リップレスミノー】というジャンルがあります。

シーバス以外のルアーマンからみると

「これって泳ぐの?ホントに釣れるの?」

という形状です。

しかし、アングラーによっては「これだけ投げておけば大丈夫」という人もいます。

そんなシーバスフィッシングを代表するルアージャンルに、満を持してBlueBlueがルアーを送り込んできました。

このページでは、BlueBlue渾身のリップレスミノー【スカーナッシュ120F】をご紹介します。

スカーナッシュの特徴

スペック

[全長] 120mm

[重さ] 18g

[フック] #3×2個

[リング] 肉厚スプリットリング3

[レンジ] 30~90㎝

リップレスミノーはここまで進化した!この釣獲力を体験せよ!
スカーナッシュは大型タングステン球を搭載している重心移動システムのため、同サイズのミノープラグとしては圧倒的な飛距離を実現しています。
アクションは力強いロールアクションで、特徴的なテール形状とファットボディにより強波動を生み出します。その強波動とロールアクションのフラッシングにより、同サイズのリップレスミノーとしては最高レベルアピール力を発揮しています。また、高速域ではイレギュラーにフラつくようなアクションで、魚が思わず口を使ってしまうことでしょう。
フックは2フック仕様で設計されており、3フックタイプのルアーよりも大型のフックを搭載でき、不意に大型魚と対峙する場面も、安心してファイト出来ます。

BlueBlue HPより

外観

リップの形状は、いわゆる【レードルリップ】と呼ばれるリップとボディが一体となった構造。

ボディは、お腹の部分が凹んだ構造になっています。

これは、他のルアーには見ることのできないスカーナッシュ独自のデザインです。

クラス最高峰の飛距離を実現

もともとリップレスミノーは、キャスト時の空気抵抗となるリップがルアーのボディと一体となっているため、飛距離が伸びやすいことが特徴の一つです。

そのため、このサイズのリップレスミノーにとって飛距離は絶対条件です。

スカーナッシュは、大型タングステン球を搭載した重心移動システムを採用しすることで、この絶対条件を余裕でクリアしました。

イレギュラーアクション+強波動で強烈アピール

リップレスミノーの最大の特徴は、ルアー自らが生み出すイレギュラーアクションです。

水噛みの良いリップ付ミノーと異なり、ボディと一体型のリップが不規則に水を受け流し、わずかな水流の変化によりイレギュラーなダートアクションを発生させます。

これがシーバスに対して「食わせの間」を与えます。

また、リップレスミノーはリップが適度に水流を受け流すため強い動きが出しにくくローリングアクションが中心になります。

しかし、スカーナッシュはローリングに加えてテールをウォブリングさせることで一般的なリップレスミノーよりも強い波動を生み出します。

このボディの凹みによりテールのウォブリングを発生させているそうです。

(ルアーデザイナーはいろいろ考えますね!)

さらに、リップがボディと一体型になっているリップレスミノーはトゥイッチなどのこまかく早い動きは苦手ですが、スカーナッシュは多少のトゥイッチであれば反応できる設計になっているようです。

Sponsored Link

大型フックを搭載可能な2フック仕様

河川や汽水域で使用する場合は#5~#4の3フックで十分なことが多いですが、足場が悪く不意の大物も掛かる可能性のある外洋や磯では強引なやり取りが必要になることも少なくありません。

そんなときは小さなフックよりも大型のフックの方が断然有利です。

スカーナッシュは#1の大型フックも搭載可能な仕様になっています。

※ただし#1を使用すると浮力がサスペンド~スローシンキングになります。

※浮力設定は使用する海域の塩分濃度により変わってくるのでご自身で調整が必要になります。

使ってみた感想

クラス最高峰の飛距離…!?

まず、みんな大好き飛距離についてです。

メーカーのPRによれば「 同サイズのミノープラグとしては圧倒的な飛距離を実現 」しているそうです。

投げてみた感想としては…

驚くほどではない(;´・ω・)

別にスカーナッシュをディスっているわけではありません。

すごく飛ぶんです!!!

ただ過度な期待は禁物です。

ナウいヤング風にいえば「普通に飛ぶ」という感じです。

飛距離においてスカーナッシュが他のルアーより不利になるということは一切ありません。

とにかく飛ばしやすい!!

スカーナッシュと同タイプのルアーでスペックが近いものといえば、みんな大好き【サスケ120裂波】です。

言わずと知れたシーバスシーンを代表するリップレスミノーです。

みんな一度は使ったことあるでしょ?

さて、裂波120のスペックですが

サスケ120裂波

[全長] 120mm

[重さ] 17g

です。

これに対してスカーナッシュは

スカーナッシュ120F

[全長] 120mm

[重さ] 18g

です。

ほぼ同じです。

スカーナッシュのほうが1g重いだけです。

ただし決定的な違いがあります。

それは、スカーナッシュの方がボディがわずかにスリムなんです。

裂波もスカーナッシュもかなりボリュームのあるルアーですが、2つを比べるとスカーナッシュの方がややスリムです。

スカーナッシュの方が同じ重量(むしろ1g重い)でも空気抵抗が少ないんです。

これが投げやすさ(飛距離の出しやすさ)を生み出しているのかもしれません。

裂波を投げたことある方なら経験があると思いますが、裂波を投げるとルアーが空気の抵抗をモロに受けて全然飛ばないときがあります。

裂波は上手く投げられれば気持ち良いくらいにスッコーーーンと飛んでいくのですが、ルアーが空気抵抗を受けてラインから指を離すタイミングがズレるとキャストミスになります。

この点スカーナッシュはキャストミスが起こりにくいです。

スカーナッシュは上手くキャストするためのスイートスポットがかなり広いという印象です。

少々指を離すタイミングがズレたところで普通に飛んでくれます。

圧倒的な飛距離は実感できませんでしたが、かなりの飛距離をコンスタントに実現することができるルアーです。

レンジ30cmはキツイ…

スカーナッシュのスペックを見ると浅いところで30cm~となっています。

でも、30cmをキープしようと思うとかなりリーリングが安定しません。

ゆっっっくり巻くと手がプルプルしてリーリングが安定しないし、リーリングを安定させようと思って少し速度を上げると潜ってしまいます。

浅いレンジは50cmくらいと考えておいた方が無難です。

アピール力はかなり高い!

スカーナッシュの売りの一つに「強波動」があります。

リップレスミノーの特徴の一つの抜けるようなローリングに加えて、テールをウォブリングさせることで他のリップレスミノーにないアピール力を生み出します。

これについては、あくまで人間目線でしかわかりませんが、目で見た感じでは裂波より若干動きが大きいかな?という印象です。

「なんだ裂波とあまり変わらないのか」

ということではありません。

むしろ、裂波と同じくらいの波動が出せること自体が優秀です。

基本的にルアーのアピール力はルアーのサイズやボリュームに比例します。

そうすると、サイズは同じでもスカーナッシュの方がわずかにスリムに作られている分アピール力は落ちるのが通常です。

しかしスカーナッシュは目で見てわかるくらいにテールがブルンブルン動くときがあります。

常に動くわけではありません。

流れの変化に応じて大きく動くときがあります。

このテールの動きによりかなりアピール力が高く見えます(人間目線)。

まとめ

POINT

入門者・初心者に超オススメ

パイロットルアーに最適

かなり飛ぶ(過度な期待は禁物)

とにかく投げやすい

アピール力も魅力的

Sponsored Link

スカーナッシュは、BlueBlueが満を持してリップレスミノーカテゴリーに投入してきたルアーとして自信と確信が感じられるルアーです。

裂波という強敵がいるカテゴリーの中でも、後発の強みを生かして、とても使いやすくアピール力の高いルアーになっています。

キャストのしやすさは特筆すべきで、キャスト慣れしていない入門者や初心者でもとても使いやすいです。

アピールの高さも十分でパイロットルアーとして最適なルアーです。



Sponsored Link