【プロップダーター アイウェイク】サヨリパターンを100倍楽しむトップウォーターゲーム!

シーバスアングラーにとっては馴染みが薄い プロップダーター アイウェイク というルアー。

メガバスからリリースされているバス用ルアーですが、実はサイズ感がシーバスにとっても使いやすい。

アングラー
サヨリパターンは難しい!
あちこちから捕食音が聞こえてくるのにルアーには食わない!

そう嘆いているにもかかわらず、サヨリパターンでトップウォーターを試さないアングラーが多すぎる!!

なぜトップに出ているのにトップウォーターを投げない!?

サヨリパターンが難しいと誤解しているアングラーにはぜひ使ってほしい!

このページではサヨリパターンを100倍楽しむためのトップウォータープラグをご紹介します。

プロップダーター アイウェイク とは?

PROP DARTER i-WAKEはMegabass(メガバス)のプロップダーターシリーズの名を冠したプロップ系ウェイクベイト

です。

ウェイク(wake)とは航跡・引き波のことです。ルアーが通った跡に引き波を起こす水面系ルアーのことをウェイクベイトと呼びます。

プロップダーター アイウェイクは水面強波動系のウェイクベイトでありながら、さらにプロップ(ペラ)を搭載した水面アピール系のトップウォータープラグです。

ちなみに、PROP DARTER i-WAKEはカテゴリーとしてはバス用ルアーに入りますが、サイズ感がシーバスに絶妙にマッチしていてとても使いやすい。

Sponsored Link

ディテール

プロップダーターアイウェイクにはリップが付いています。

このリップが抵抗になって水を受けることでルアーが水面で大きくヨタヨタと左右にフラついて引き波を作り出します。

加えて、i-WAKEにはプロップも付いているので、プロップでも水面に引き波を作れるような二重のアピール構造になっています。

テールのデザインが独特ですがウェイクベイトはなぜかテールがこういう特徴的なデザインのルアーが多いです。

サヨリパターンにおすすめなワケ

アピール力抜群

サヨリパターンのシーバスはサヨリが群れているにもかかわらず、サヨリを襲う瞬間は特定のサヨリに狙いを定めて襲います。群れのまとまりに襲い掛かるのではなく、群れの中の1匹のサヨリをロックオンして襲います。

なので、サヨリパターンでは、群れをつくるサヨリの中でルアーを目がけて襲わせる(ルアーを目立たせる)工夫が必要になります。

関連記事

アングラーサヨリパターンは難しいそういうシーバスアングラーの話を聞いたことはありませんか?マイクロベイトやバチパターンと並んで難攻不落とされるサヨリパターン。でも、僕からするとショーカラそう思ったことは[…]

プロップダーターアイウェイクはウェイクベイト特有の引き波によって水面でアピールするだけではなく、プロップによるサウンドと波動でもシーバスの食性を刺激します。

i-WAKEは本物のサヨリ以上に水面でシーバスにアピールすることができます。

それでいてナチュラル

i-WAKEが他のウェイクベイトやプロップベイトと決定的に違うのが『派手すぎない』アピール力。

ウエイクベイトやプロップベイトは水面で派手なアクションやサウンドを奏でながらフィッシュイーターの闘争本能(リアクション)を刺激するものが多いです。

そのため、場合によってはかえってフィッシュイーターの警戒心を高めてしまうこともあります。

でもPROP DARTER i-WAKE引き波や音によるアピールをギリギリまで抑えた設計になっているのでフィッシュイーターの警戒心を高めることなく、また、リアクションではなく食性に訴えることのできるナチュラルベイトライクなルアーといえます。

タダ巻きで使える

入門者に限らず中級者でもトップウォータープラグは敬遠しがちです。

その理由は

アクションが難しそう

というもの。

トップウォーターが敬遠される理由の90%はこれ(俺調べ)。

ショーカラ
ちなみに残り10%は『釣れそうにない』ってこと

釣りビジョンやYouTubeの釣りチャンネルでトップウォーターを華麗にドッグウォークさせているシーンを目にすると、確かに難しそうに見えることがあります。カッコイイなぁと思う反面、すごく難しそうにも見える(実際にはそれほど難しくはないけど)。

でもプロップダーターアイウェイクは、リップが付いている水面引き波系のウェイクベイトであると同時に、プロップ(ペラ)が付いているプロップベイトでもあるので、投げて巻くだけでルアーが勝手に水面でアピールしてくれます。

難しいことはまっっったく何一つない。

本当に

投げて巻く

だけ。

これだけで釣れます。

むしろシーバスで使う場合にはこれ以外、余計なことはしなくてもいいと言えるくらい投げて巻くだけです。

初心者がペンシルをドッグウォークさせようとすると、アクション中の糸フケをうまく捌けなくてライントラブルを起こしてしまうことがよくありますが、PROP DARTER i-WAKEはそんな心配も一切ない。

タダ巻きで使えるトップウォーターというのは実はそれだけでとても貴重な存在で、特にラインが見えづらいナイトゲームではとても重宝します。

飛距離が出る

これも実はサヨリパターンでは超重要。

サヨリパターンではそこかしこからシーバスの捕食音が聞こえてくることがありますが、ボイル撃ちをしようと思っても飛距離が出ないルアー(飛距離が出しにくいルアー)ではシーバスが狙えるチャンスをみすみす逃すことになります。

サヨリパターン+シャローエリア+ボイル=あ、釣れたな

って感じなのに、そのチャンスを捨てるのは実にもったいない。

一般的なウェイクベイトやプロップベイトは飛距離が出しにくいものがほとんどです。ほぼ100%に近いくらいのルアーが飛距離が出ない。

でもメガバスのLBOⅡを搭載したPROP DARTER I-WAKEは、こんな変わった形状のルアーなのにビックリするぐらいスムーズに放出できます。

飛距離もこの手のルアーの中では抜群!

まさにサヨリパターンのトップウォーターゲームの射程範囲を大きく広げる可能性を持ったルアーといえます。

Sponsored Link

アイウェイクでエキサイティングなトップゲームを!

難しいと言われがちなサヨリパターンですが、サヨリを追ってシャローに差してきたシーバスは実はとてもイージーで、かつエキサイティングなファイトを見せてくれます。

簡単にトップに出てくれる反面、水深のないエリアで掛けたシーバスは何度もエラ洗いしてアングラーはいつもドキドキものです。

そんなエキサイティングゲームを簡単に体験できるのが、サヨリパターンで使うウェイクベイト(プロップベイト)系のトップウォーターゲームです。

その中でもLBOⅡを搭載したi-WAKEは、サヨリパターンのシーバスを狙える射程が広く、また、アピール系でありながらシーバスに不本意な警戒心を与えないような超ナチュラルアクションの設計になっています。

サヨリパターンでは、ぜひi-WAKEでハラハラドキドキのエキサイティングなトップウォーターゲームを体験してみてください。

関連記事

アングラーサヨリパターンは難しいそういうシーバスアングラーの話を聞いたことはありませんか?マイクロベイトやバチパターンと並んで難攻不落とされるサヨリパターン。でも、僕からするとショーカラそう思ったことは[…]

関連記事

シーバスのトップウォーターゲームといえばネガティブなイメージを持つアングラーが少なくありません。アングラーの中にはトップウォータープラグがタックルボックスの中に1つも入ってないというアングラーまで…!?実にもったいない![…]



Sponsored Link