【境水道クロソイ】ボトムダートでクロソイを狙う!!!

釣れない釣り人代表のショーカラ(@y_nax_tw)です。

2020年2月1日(土)

少し時間が取れそうだったので3週間ぶりに境水道に出かけました。

狙うは中海の冬の風物詩・クロソイ。

管理人は毎回の坊主釣行からリベンジを果たすことができたのか!?

ショーカラ
坊主上等!!

釣行データ

[日にち]2020年2月1日(土)
[時間]PM23:10
[場所]境水道エリア
[潮周り]小潮(下げ潮)
[気温]6℃
[風]2m
Sponsored Link

タックルデータ

[ロッド]7.10ftライトクラス
[リール]C3000HG
[ライン]ナイロン12lb+リーダー22lb
[ルアー]マナティ60+10gジグヘッド

この日の縛りルアーは【マナティ60(ジグヘッド)】です。

管理人の目的はテキサスのようなスローな釣りではなく、巻きやダートでスピーディーにクロソイを狙うことです。

そしてダートワインドといえばマナティ

この日はマナティのボトムダートでスピーディーにクロソイを狙います。

外江港周辺

この日は(眠くて)1時間ほどしか釣りができそうになかったので、本命のポイント1か所で狙います。

狙い方はいつもと同じように、軽くキャストしてボトムをとります。

マナティがボトムに着底したらすぐにロッドを軽く2~3回シャクってダートさせます。

その後も同じように着底したらシャクって着底したらシャクって…の繰り返し。

寒くて待つのが辛いので基本的にステイはさせません。

また、ボトムでのダートやワインドといっても、キビキビしたアクションで誘うよりは、優しくソフトにシャクるイメージです。

いざ、スタートフィッシング

釣りを始めて4投目…

早くもバイト!

ゴゴゴゴゴンという小気味良いアタリがロッドに伝わります。

こちらからはアワセずに向こうアワセで乗るのを待ちます。

そして…

乗らず…クッ(;´・ω・)

おそらくカサゴだと思いますが、幸先の良いスタート。

と思いましたが、その後はまっっっっったく異常なし。

開始直後のバイト以降あまりにも反応がないので、(個人的な)実績ポイントに歩いて向かいます。

しかし…

管理人からは見えませんでしたが、どうやらアテにしていたポイントに人影が…(;´・ω・)

この時点で

ハートが折れる音が聞こえた

アテにしていたポイントに入れなったので、涙を拭きながら港内を短距離でピンポイントに撃っていきました。

…が反応なし。

常夜灯に照らされて時折セイゴの姿が見えますが、ボトムでの反応はなし。

しかも3回ほど根掛かりによるラインブレイク。

ここでハートブレイクとラインブレイクのため強制終了。

釣果

この日は短時間の釣行予定だった、正直「釣れたらいいな」程度の気持ちで釣りをしていました。

釣り開始早々にあったバイトは本命ではなくカサゴだと思いますが、最近魚に触っていないので、とりあえず獲りたかったなぁ…

え? それでも釣果聞く?

ショーカラ
坊主だよ!!!

待て! 次回!!



Sponsored Link