防寒着はワークマンで本当に大丈夫?最新の防寒アイテムをチェック!

今年も秋が深まり一気に冷え込んできました。

これからの時期の釣りはデイゲームもナイトゲームも防寒対策が必須になります。

もうすでに防寒着で釣りをしている人も、これから本格的に防寒対策をする人も、せっかく暖かい服を着てもその効果を最大限に発揮できないと「無駄な着ぶくれ」になってしまうかもしれません。

このページでは、動きやすくそれでいて暖かい防寒対策についてご紹介します。

レイヤリングのススメ

防寒対策の定番であり、かつ、必須の方法が

重ね着(レイヤリング)

といわれるもの。

ショーカラ
なんだ、重ね着ならみんなやってるよ

という声もありそうですが、ただ単に服を重ねて着れば良いというわけではありません。

服の持つ特性を最大限に生かして、防寒着を最も効果的に暖かく着る方法があるのです。

Sponsored Link

基本的な考え方(3レイヤー方式)

3レイヤー方式とは、

①ベースレイヤー
②ミドルレイヤー
③アウトレイヤー

という3層に大きく分けて、それぞれに適した防寒着を着る方法です。

3レイヤー方式は、ベースレイヤーとミドルレイヤーで体を温め、温まった空気をアウトレイヤーで外気から守りつつ内部の湿気を外に逃がすというのが基本的な考え方です。

ベースレイヤー

ベースレイヤーは肌の上に直接着るインナー(肌着)です。

肌着の上に着るインナーまで含めてベースレイヤーと表現することもあります。

最近では「ヒート〇〇」や「〇〇ヒート」という名称で様々なものが発売されていますが、暖かければイイというわけではありません。

肌触りが良いので好んで着られるインナー素材は「綿」製品です。

でも、実は綿製品は吸水性は良いのですが速乾性がありません。

そのため吸水した汗を長く素材に蓄えてしまうので汗が冷えてくると体温を奪われます。

人間は冬でもけっこうな量の汗をかくので、かいた汗を吸水してさらにはなるべく早く肌の近くから逃がしてやる必要があります。

理想的なベースレイヤーは、かいた汗や水蒸気を熱に変えて発熱し、さらにはその汗を素早く肌から逃がしてやる素材がベストです。

ミドルレイヤー(ミドラー)

ミドルレイヤーはベースレイヤーの上に着るインナーで暖かい空気を体近くに溜めるための防寒服です。

ベースレイヤーに発熱素材のインナーを着て、体の近くに暖かい空気の層を作っても、これがすぐに外部に出て行ってしまうと意味がありません。

発熱素材のインナーにより作り出された暖かい空気を体の近くで溜め込むことでベースレイヤーの効果が生きてきます。

効果的なミドルレイヤーとして挙げられるのがライトダウンジャケットです。

ダウンジャケットはよくアウターとして着られることが多いですが、ダウンジャケットはステッチ(縫い目)の隙間から冷たい外気が入りやすいので、せっかく温まった空気が冷える原因になってしまいます。

というのも、ダウンジャケットは生地の内側に空気を溜め込むために羽毛が敷き詰められています。

羽毛は敷き詰めると膨らんでしまうため、ジャケットが膨らまないように多くのステッチが施されています。

このステッチの隙間から羽毛がでてくることがよくありますが、逆にこのステッチの隙間から外気も侵入してしまいます。

ダウンジャケットはちょっとした外出時にアウターとして着る分には暖かくて重宝しますが、ステッチから羽毛の中に外気が入ってしまう構造になっているので釣りのような本格的なアウトドアにアウターとして着るにはあまりおすすめできません。

また、ダウンジャケットの生地は薄くて弱いので、必ずしも釣りのようなアウトドア向きとはいいにくい部分もあります。

なので、釣りの場合には、モコモコしていない薄めのダウンジャケットをミドルレイヤーとして着るのが適しています。

アウトレイヤー(アウター)

アウトレイヤーは内部に溜め込んだ暖かい空気を外気から保護しつつ、防寒着内部の湿気を外に逃がすための防寒服です。

アウトレイヤーに求められる性能は保温性能よりも防風・防水・透湿性能です。

透湿性能とはジャケット内部の湿気を外に放出して衣服内の蒸れを防ぐ性能です。

透湿機能のないナイロンウェーダーを使ったことのあるアングラーにはわかりますが、ウェーダーの内部って汗による湿気ですぐにビショビショになってしまいます。

夏であれば「ベトベトして気持ち悪い」という不快感で済みますが、冬場の衣類内部の水分は体温を奪います。

大げさな表現になりますが冬場の衣類内部の汗は命に関わることになります。

とにかく防水・透湿性能に優れたアウトレイヤーが理想です。

【透湿性能】
透湿性能とは衣類内の帰化した蒸気をどれだけ外部に排出できるかの目安です。
〇〇g/㎡(たとえば5000g/㎡)というような単位で表示されます。
24時間で生地1㎡あたり5000gの水分を透過する性能があるということです。
蒸れにくい防寒着としては8000g/㎡くらいの性能があった方が良いといわれています。
生地の内側がサラサラの防寒着ともなれば最低でも10000g/㎡…できれば20000g/㎡くらいの性能があった方が良いといわれています。防水性能とは耐水圧ともいわれ、生地に染み込む水の力をどれだけ抑えられるかの目安です。
 
【防水性能】
防水性能は〇〇mm(たとえば500mm)という単位で表示されます。
1cm四方の生地にトイレットペーパーの芯のような筒を立てて、どれだけの高さまで水を張ると生地に水が染み込むかということを表しています。
耐水圧500mmの生地の場合、500mm(50cm)の高さまで水を張ると生地に水が染み込んでくるということです。
一般的なナイロン傘は耐水圧300mmくらいといわれています。耐水圧300mmの生地であれば通常の雨はしのげるということです。
Sponsored Link

イージス(ワークマン)じゃダメ?

2017~2018年にかけて「安くて高性能」ということで釣り用防寒着として急激にシェアを拡大したのが作業着メーカー【WORKMAN(ワークマン)】の【イージス】という防寒着です。

ウェブやSNS上でとても話題になり、作業着屋さんに女の子たちが挙って押し寄せたとか押し寄せていないとか…

YouTubeでもイージスに関するレビュー動画が数多く配信されています。

2020年現在もワークマンのイージスは売れに売れています。

最近では作業着を利用する人以外に向けたワークマンプラスというブランドも展開しています。

ところで防寒着としてイージスではダメなのか?

結論からいえば、曇りの日の餌釣り管釣りならまったく問題ない。

けど、ルアーフィッシングでは「ちょっと透湿性能が…」というところです。

20代のホロ苦い経験

20代の頃ってこういう防寒着にけっこう無頓着で

ショーカラ
汗かくくらい暖かかったらイイっしょ

って感覚がありました。

なのでかなり重ね着をして釣りに出掛けて行って、帰ってきて防寒着を脱ぐと汗びっしょりって感じで釣りをしていました。

で、真冬にアジングに行った時のことでした。

2005年頃にメバリングとアジングにハマっていて(アジングなんて言葉が市民権を得たかどうかって頃です)、真冬なのに連日ウルトラライトゲームのために冬の日本海に出掛けていました。

とある日、ランガンしながらかなり長い距離を歩いて釣れなかったので、車の近くで一服しながら少し休んでいたら、ちょっと意識が低下してきた感覚がありました。

基本的にはかなりビビりな方なので、その日は釣りを切り上げて帰宅しました。

ビショビショになった服を脱ぎながら「熱でもあるのかな?」と思って計ったところ、なんと体温が35.4℃でした。

熱があるどころか低体温症の手前ぐらいのところまで体温が低下していました。

それ以来、防寒着のことを調べるようになって、冬の防寒対策は直接的な外気の寒さよりもかいた汗が冷えて体温が奪われることから、いかに体を守るかが重要ということを学びました。

結局イージスはどうなのよ?

真冬に釣りをする人は経験があると思いますが、かなりしっかり防寒して釣りをしていると、ほとんど動いていないようでもけっこうな量の汗をかいているものです。

タイタニュームグローブをして釣りをしていると、グローブを外したときの手は汗でびっしょりです。

ルアーフィッシングのような動きのある釣りをする場合には真冬でもけっこう汗をかくので、肌に近い衣類がなるべく濡れたままにならないように透湿性能の優れたアウトレイヤーが理想です。

イージス(ワークマン)の透湿性能は「蒸れにくい」というレベルでは充分な機能を持っているのですが、透湿性能は最大でも8000g/㎡です。

イージスはどちらかといえば防水性能に焦点を当てた商品です。

夏場であれば衣類や肌が少々ベタついてもどうってことないですが、冬場に衣類や肌が濡れていると急激に体温が奪われていきます。

冬場なのでそれほど長時間の釣行はしないというのであればイージスでも問題ないですが、やはり冬には冬の釣り物があるので、冬場でもしっかり釣りがしたいアングラーは透湿性能に優れたアウターを選ぶのが理想的です。

オススメの防寒着

ベースレイヤー

ベースレイヤー代表がメリノウールです。

とにかく暖かい。

ヒートテックのような発汗しなければ発熱しない素材ではなく、着るだけで暖かいです。

単なる寒さ対策であればこれが一番オススメです。

欠点は濡れると乾きにくい点です。

ランガンが多いなど、知らず知らずに汗をかく人にオススメなのがコンプレッションシャツです。

ヒートテックのように蒸気を熱に変えるタイプの防寒インナーで、速乾性にも優れています。

欠点は締め付けがけっこうキツイことです(;´・ω・)

僕のようにお腹が出てきて締め付けが気になるアングラーにオススメなのがマイクロフリースシャツです。

コンプレッションシャツほどの速乾性はないですが、メリノウールよりも早く乾き、締め付けも少ないです。

ミドルレイヤー

ミドルレイヤーの最有力はライトダウンです。

というより、ほぼ一択ではないでしょうか。

いうまでもなくダウンジャケットはとにかく暖かいです。

暖かいミドラーでいえばライトダウンは最強です。

ちなみに僕がいつも着ているミドラーは、フリーノットのスウェットにフリーノットのアウターです。

11月下旬くらいまでは雨さえ降らなければこれで充分という感じです。

光電子(こうでんし)と呼ばれる素材でできていて羽毛よりも丈夫です。

ちなみに僕の妻は10年近くフリーノットのスウェット↑を冬の部屋着として愛用しています。

ショーカラ
もともと私の釣り用のものなんだけど…(;´・ω・)

アウトレイヤー

Sponsored Link

最強の防水性能・透湿性能ゴアテックスです。

ゴアテックス素材は

【耐水圧50,000mm以上 透湿性25,000g/m²】

というイージスの防水・透湿性能を軽くぶっちぎる防水・透湿性能です。

(体感的にそこまでの差があるかどうかはともかくとして)性能的には大人と赤ちゃんというくらいの違いがあります。

ゴアテックス素材にもいろいろ種類があるので、これよりも性能の高いもの低いものありますが、いずれにしても性能はぶっちぎりです。

値段もぶっちぎりで高いです。

ペラペラなくせに超高いです。

僕のアウターはモンベルのゴアテックスで、値段もそこそこします。

ゴアテックス素材の防寒着の中ではプロモンテ↑の価格が良心的です。

われらが味方ディアプレックス

ゴアテックスほどではありませんが

【耐水圧30,000mm以上 透湿性16,000g/m²】

という必要十分以上の性能を持っている素材です。

正直なところこれだけの性能の素材であればゴアテックスなんて必要ありません!

価格はモンベルのトレントフライヤーの半分くらいです(安い!!!)。

アウターは防水・透湿性能で選ぶ!

どれだけ高性能な素材の防寒着を着ても、着どころを間違えると防寒性能の効果を最大限に発揮することはできません。

それどころか、汗が冷えて体温を奪われて風邪を引いた…

なんてことにもなり得ます。

アウターに暖かい服を着たくなるのもわかります。

でも防寒着の基本は3レイヤー方式です。

3レイヤー方式をしっかり理解して快適な冬のフィッシングライフを送りましょう。



Sponsored Link