【初心者向け】なぜナイロン?PE・エステルよりもナイロンをライトゲームにおすすめする理由

ラインにはうるさいショーカラです。

最近はシーバスゲームだけではなく、ソルトルアーゲームであれば何でもかんでもPEが主流になってきました。

メバリングやアジングではPEのほかに、エステルラインもPEと同じくらいよく勧められます。

PEやエステルじゃないラインであれば、必ずフロロが勧められます。

でも、ナイロンラインが勧められることは皆無です。

なぜナイロンはそんなに勧められることがないのでしょうか?

PEやエステルやフロロにあってナイロンにはないメリットってなんでしょうか?

逆にナイロンにはメリットはないのでしょうか?

このページでは、一周まわってナイロンにたどり着いた管理人が、メバリングやアジングの初心者にナイロンラインをおすすめする理由をご紹介します。

ナイロンのデメリット

メバリングやアジングでナイロンよりもPEやエステルやフロロがおすすめされる理由は、ナイロンにない特性がPE・エステル・フロロにはあるからです。

逆にいえば、PE・エステル・フロロの特性こそナイロンのデメリットといえます。

ウルトラライトゲームにおけるナイロンのデメリットは次のとおりです。

風の影響を受ける(飛距離が出ない)
感度が悪い
比重が軽い

といったことがウルトラライトゲームにおけるナイロンのデメリットとして挙げられます。

Sponsored Link

実はそれほどデメリットではない?

↑に挙げたのは周知されたナイロンのデメリットです。

でも、いかにデメリットといっても、そこには程度の差があります。

許容し難いデメリットもあれば、目をつぶることのできるデメリットもあります。

また、どのデメリットが許容できてどのデメリットが許容できないかはアングラーの考え方・技術・経験の差による部分が大きいです。

つまり、一言で『ナイロンのデメリット』と言っても、デメリットの程度や重要度には違いがあるので、その違いを無視することはできません。

そこで、もう少し具体的にそれぞれのラインの特性を比較します。

風の影響を受ける

風の影響というのはラインが太くなれば太くなるほど影響を受けやすくなります。

また、飛距離も落ちることになります。

そこで、それぞれのラインを比べてみると、PEやエステルは0.3号程度の超極細糸がメインになるので、当然飛距離が出ます。

PEやエステルはラインが細くて空気抵抗を受けにくいので、飛距離や風が強い日の操作感は抜群です。

これに対してナイロンとフロロは1号程度の太さのラインがメインになるので、PEやエステルに比べると当然飛距離は落ちます。

飛距離でいえば

PE≒エステル > ナイロン > フロロ

です。

風の影響の受けにくさや飛距離という点では、ナイロンはPEやエステルよりも劣ります。

でも、同じポンド数(たとえばナイロンとフロロの3lb)であればフロロよりもナイロンの方が細くて軽いので、フロロよりもナイロンの方が飛距離が出ます。

このデメリットに関していえば、PEやエステルとナイロンを比べたとき、ナイロンの大きなデメリットといえます。

とはいえ、アジングのようにそれほど飛距離を必要としない釣りであればPE・エステルとナイロンとの飛距離の差はそれほど気になりません。

そのうえ、ナイロンよりも飛距離の出ないフロロですら、おすすめラインとして薦められることがあることを考えれば、ナイロンの飛距離が問題になることはほぼないでしょう。

つまり、ナイロンはPE・エステルほど飛距離は出ないけど、フロロよりは飛距離の出るラインなので、飛距離という点でフロロよりも困ることはありません。

さらにPEに関していえば、飛距離こそ抜群ですが、PEだけは水に浮くラインなので風で水面が波立っているときに風(波)の影響を最も受けるのはPEです。

つまりPEは、飛距離という点では抜群ですが、ルアーが着水した後は水面の波の影響をモロに受けるラインといえます。

感度が悪い

ラインの感度とは、(大雑把にいえば)魚のアタリ(魚信)が手元にどの程度明確に伝わるかということです。

そして、ラインの感度は一般的にはラインの伸び率に比例するといわれます。

伸びにくいラインであればあるほど、魚のアタリを手元に明確に伝達してくれます。

ラインの感度をそれぞれのラインで比較すると

PE >>> エステル > フロロ > ナイロン

といったところです。

単純にラインの伸び率(伸度)だけで比較すればPEがぶっちぎりで高感度です。

でもPEには大きな弱点があります。

PEはラインそのものが軽いため、軽量ルアーを扱うときには特にラインのたるみ(ラインスラッグ)ができやすいです。

そして、ラインが軽量であるためラインが弛んでいるとまったくアタリが伝わらないということがPEの最大の弱点です。

フロロのようにラインに重さがあれば、ラインが少々たるんでいてもラインの重さも手伝って魚のアタリを伝えてくれます。

でもPEにはラインの重さがないので、ラインがたるんでいるとアタリをアタリとしてロッドまで伝えてくれません。

PEはラインが張っていたら最強の高感度ライン、ラインが弛んでいたらほとんどアタリを伝えないラインといえます。

逆に、エステルとフロロは、伸び率による感度こそPEには劣りますが、ラインに重さがあるのでどんな状況でもある程度は感度のいいラインといえます。

では、ナイロンはどうか?

この点、ナイロンはエステル・フロロと比べて伸び率による感度も悪く、ラインの重さもフロロほどではありません。

そうなると、ナイロンは感度という面ではどのラインよりも劣るラインということができます。

でも、ナイロンにもナノダックスというフロロと同程度の伸び率のラインがあるため、伸び率という点はエステルやフロロとそれほど変わるところはありません。

ナノダックスのベースはナイロンラインであり、ラインの重さはエステル・フロロよりも軽いので、この点では確かにエステル・フロロに劣ります。

とはいえ、ナイロンラインでも使用するジグヘッドが1.5g~くらいになってくればラインスラッグはそんなに気になりません。

つまりナイロンライン(ナノダックス)は、1g前後の(もしくはそれよりも軽い)極軽量ジグヘッドを扱うときはエステルやフロロよりも感度は劣りますが、1.5g~くらいのジグヘッドであれば感度が気になることは少ないです。。

比重が軽い

ウルトラライトゲームにおいてはPEやナイロンのように比重が軽いことはデメリットと言われます。

それは、1g未満の極軽量ジグヘッドをディープエリアまで送り込もうとすると、比重の軽いラインよりも比重の重いラインの方が圧倒的に有利だからです。

極軽量ジグヘッドをディープエリアに届けるために、ラインの沈みが手伝ってくれるからです。

…と一般的に言われていますが、この点についてはぶっちゃけ

ショーカラ
もう少し重いジグヘッドを使ったら?

って思います、マジで。

こういう言い方をすると、

アングラー
重いジグヘッドだとディープエリアをスローに引けない

とか

アングラー
吸い込みの弱いアジには軽いジグヘッドの方が有利だ

とかいわれます。

確かに重いジグヘッドより軽いジグヘッドの方がスローに引けるのはそのとおりです。

これは当たり前の話です。

当たり前の話なんですが…

そもそも比重の軽いPEやナイロンは、比重の重いエステルやフロロよりも長く水中に漂っているので、PEやナイロンでジグヘッドを引くと、ジグヘッドはやや斜め上に向かって(漂っているラインの方向に)引っ張られます。

ジグヘッド自体はどんどん沈んでいきますが、PEやナイロンはラインの沈みが遅いので、ジグヘッドを引くときには水中に漂っているラインに向かってジグヘッドが引っ張られて、ジグヘッドが浮き上がりやすくなります。

つまり、PEやナイロンを使うとジグヘッドが浮き上がりやすいので、より重めのジグヘッドを使って深場をじっくり引くことができます。

逆にエステルやフロロの場合にジグヘッドを重くすると、ラインも沈むしジグヘッドも沈むので、ジグヘッドをスローに引こうと思ってもボトムをとったり根掛かりしてしまいます。

要するに、「重いジグヘッドはスローに引けない」ってのは、ジグヘッドが浮き上がりにくいライン(比重の重い沈むライン)を使用している人の問題であって、ジグヘッドが浮き上がりやすいライン(比重が軽く沈みの遅いライン)を使用しているアングラーであれば重いジグヘッドでも、よりスローに引くことができます。

PEナイロンは、エステル・フロロよりも重いジグヘッドをスローに引きやすいラインなのです。

ジグヘッドをスローに引くことができたとしても、「吸い込みやすさ」はどうするんだ?っていう問題は残ります。

この点については、確かに軽いジグヘッドが吸い込みやすいのはそのとおりでしょう。

ただ、金魚を狙うわけじゃあるまいし、15cm~のアジ・メバルを狙うのに0.5gほどの重さの違いが、しかも水の中でどの程度魚に影響するんだ?って考えるとかなり疑問があります。

金魚を狙うのであれば0.5gでもけっこう差が出ると思います(たぶん)。

でも15cmオーバーのメバルやアジを狙うときに水中で0.5gがどれほど魚の捕食に影響があるのか…

すごく限られたシチュエーションでは0.5gの差が問題になることもあるかもしれませんが、そんな重箱の隅をつつくような状況に対応しなくちゃいけないのって受験みたいな苦行でしかありません。

いや、受験勉強ですら、そんな特殊な問題に対応しようとするくらいなら、もっと基本的な問題を確実に出来るように教えますよ。

0.〇gの差で釣果に違いが出るような釣りは、それを楽しんでやれる人がやればいい話です。

初心者に胸を張って説くような話ではありません。

また、そもそも2gのジグヘッドが存在していることを考えれば、0.〇gの極軽量ジグヘッドに対応することだけが正義ではありません。

つまり、0.〇gの差による吸い込みやすさの違いなんて多くの入門アングラーにとってはたいして問題にはなりません。

誤解をおそれずにいえば『無視してもイイ差』といえます。

Sponsored Link

結局は適材適所という話

こうしてラインを比較してみると、結局

「〇〇の点ではPEよりフロロ」

とか

「〇〇の点ではフロロ・ナイロンよりPE・エステル」

みたいにどのラインにも一長一短あることがわかります。

しかも一長一短といっても、その長所は状況が変われば短所になるものだったりします。

PEは、ライン自体が細いので空気中での風の影響を受けにくく飛距離は出ますが、ルアーが着水した後は水面の波の影響を最も受けるラインです。また、伸び率という点ではPEはぶっちぎりで感度がイイですが、軽量で比重も軽いためラインスラッグ(ラインのたるみ)ができやすく、ラインがたるむと途端に感度の悪いラインになってしまいます。

ナイロンは、飛距離という点ではPE・エステルには劣りますが、同じポンド数であればフロロよりも細いのでフロロよりも飛距離の出るラインです。また、比重が軽く水中に漂うので、極軽量のジグヘッドをディープエリアに送り込むのは不向きですが、ラインが水中を漂うことでジグヘッドが浮き上がりやすくなるため、フロロやエステルで使うものより重めのジグヘッドをスローに引くことができます。

要するに、ラインにはそれぞれ尖った性能(長所)があり、特定のシチュエーションにおいてはその尖った性能が存分に力を発揮しますが、シチュエーションが変わるとその尖った性能も意味を失ったり、場合によってはデメリットにすらなるということです。

ウルトラライトゲームにおけるライン選びとは、これらのラインの性能のうち、どのような性能を重視して、どのような性能に目をつぶるか?というラインの性能の取捨選択ということもできます。

入門者が重視すべき性能

では、ラインに求められる性能のうち、ウルトラライトゲーム入門者が重視すべき性能はどんな性能なのか?

それは、飛距離でも感度でも強度でも比重の重さでもありません。

ラインの扱いやすさ

これこそがウルトラライトゲームにおいて入門者が重視すべき性能といえます。

ところで、なぜ『ラインの扱いやすさ』がそれほど重要なのか?

それは初心者と一緒に釣りに行くとよくわかります。

初心者や入門者と一緒に釣りに行ったり、釣りを教えたりしたときに、ラインの扱いに不慣れな入門者のラインが、スプールの内側に絡みついたり、ローターに巻きついたりしてラインを必死にほどいている姿を目にしたことはありませんか?

これこそが入門者が釣りの現場において最も避けなければならないトラブルです。

はっきり言って、1回の釣行で3回もライントラブルを起こせば、釣りを面白いと感じる入門者はいないでしょう。

でも、ラインの扱いに不慣れな初心者が釣りの現場で圧倒的に遭遇しやすいトラブルはライントラブルです。

しかも、ウルトラライトゲームなんて髪の毛ほどの細糸を扱わないといけないのに、最初からラインを上手くさばける初心者がそんなにたくさんいるわけではありません。

ましてや、メバリングのようなウルトラライトゲームは、指先がかじかむ冬にシーズンを迎えます。

そんなシチュエーションで初心者がトラブルレスにラインを扱えるとはちょっと思えません。

スプールの内側やローターにラインが絡みついたり、ルアーを回収するときにラインにテンションを掛けずに巻いたため次のキャストでライントラブルが起こったり、想定外の場所でラインを擦って傷が入ったり、etc…

とにかく入門段階ではライントラブルが付き物です。

なるべくライントラブルの少ないラインを選ぶことが入門者にとっては最優先事項といえます。

ナイロンの最大のメリット

ナイロンのデメリットについては↑ですでに確認したところです。

問題はウルトラライトゲームにおけるナイロンのメリットって何なのか?

飛距離や感度について↑で比較しましたが、ナイロンが秀でている性能は特にありませんでした。

にもかかわらず、なぜ僕が初心者にナイロンをおすすめするのか?

それは、ナイロンが他のラインと比べて

ライントラブルが少なく他のラインと比較するとケタ違いに扱いやすい

からです。

ナイロンといえば、リアルに体感できたり目に見えるような尖った性能はありません。

でも、ラインの扱いやすさやトラブルの少なさは他のラインの比較にならないくらいに群を抜いています。

コシ・太さがある

ウルトラライトゲームに使用するナイロンやフロロは3lbぐらいが主流です。

僕は不意に掛かった大物でもなるべく獲りたいので4~5lbを使用します。

3~4lb程度のナイロン・フロロであればPEと違ってある程度コシがあります。

また、ラインの太さも、髪の毛ほどの太さしかないようなPEやエステルの2倍くらいの太さがあります。

なのでナイロンやフロロはラインを指先で扱っているときに明確な感触があるので、ラインさばきに不慣れな初心者でもとても扱いやすいラインです。

また、PEはコシがないラインのためラインがロッドのティップに巻きつきやすくて煩わしいですが、ナイロンはそのような煩わしさは少ないです。

リーダー不要

極細PEや極細エステルラインを使用する場合、根ズレ対策や不意のラインブレイク防止のために必ずショックリーダーを使用します。

このショックリーダーという存在はけっこうハードルが高く、初心者でなくでもリーダーを組むのを億劫がって自宅であらかじめリーダーを組んで釣りに行く人がいるくらい煩わしい作業です。

慣れてしまえばどうってことないですが作業ですが、初心者の段階で、しかも指先がかじかむような冬に現場でリーダーを組むのはかなり面倒な作業です。

でも、ナイロン(ナノダックス)やフロロであればルアーとメインラインを直結することができるので、PEやエステルに必要とされるリーダーを組む作業は必要ありません。

不意のラインブレイクがほとんどない

エステルラインを使用したことあるアングラーは一度は経験したことあると思いますが、エステルラインって唐突に、びっくりするくらい簡単にラインブレイクすることがあります。

手で引っ張ってみるとわかりますが、簡単にプツプツ切れるかなり弱いラインです。

なので、急なアタリに対してショックを吸収するためのショックリーダーが必要になるし、ドラグ設定がかなりシビアになります。

姉金くらいの大きさの極豆アジを狙う場合にはエステルで問題ありませんが、不意にメバルが掛かったり良型のカサゴが釣れたりするとアワセた瞬間にラインブレイクすることがあります。

そうならないために、エステルラインを使用するときには腫れ物を触るようにラインを扱ってドラグ調整する必要があります。

でも、ナイロンやフロロであれば不意のラインブレイクの心配はありません。

素材自体ある程度伸びる素材ですし、3lbであれば3lbなりの、4lbであれば4lbなりのしっかりとした強度があるのでビクビクしながら釣りをする必要はありません。

しなやか

フロロは太くて硬いラインなので巻きグセがつきやすいです。

なので、ラインを少し多めに巻いたりテンションが緩い状態でリトリーブすると、次のキャストの瞬間にラインがゴソッとまとまって放出されてしまうというトラブルが起こります。

フロロの扱いに不慣れな初心者がフロロを使ったときにとてもよく起こるライントラブルです。

だいたい4lb~くらいのフロロになるとけっこう起こります。

フロロはクセが強いです。

でも、ナイロンはラインの素材がしなやかで、多少クセはつくもののフロロほどクセは強くないので、ラインがまとまって放出されるようなライントラブルはフロロほどは起こりません。

ストレスフリー

PE・エステル・フロロといったラインは、それぞれ尖った性能を持った、使いどころを選べば超有能なラインです。

でも、PEにはPEの、エステルにはエステルの、フロロにはフロロの扱いづらさというのもあります。

この『扱いやすさ』という点においては、ナイロンはどのラインよりも圧倒的に扱いやすく、他のラインと比較するとストレスフリーなラインといえます。

Sponsored Link

ナイロンがおすすめされない理由

ウルトラライトゲームでナイロンラインがおすすめされることはほぼないでしょう。

初心者に対しても…です。

初心者にとってこれほど使いやすいラインが、なぜ業界やメーカーではおすすめされないのか?

細かい話をすれば↑のように「感度が悪い」だの「比重が軽い」だの言われますが、実際のところは『メーカーが儲からない』ってのが大きいらしいです。

まぁ、これは釣具屋の話なので話半分にしてください(*´ω`*)。

ただ、『儲からない』ってのは当たらずとも遠からずってところはあると思っています。

『ショートバイトも見逃さない!』とか『ライトリグの操作性と感度を重視!』とかいわれると、使ってみたいと思ったり興味を惹かれますが、

『扱いやすさ抜群!』って宣伝されても内容がフワっとしててユーザーにあまり伝わらない。

しかも、『扱いやすさ』っていう性能は、扱いにくいラインを上手くさばけるようになったアングラーにとってはけっこう無意味な性能でもあるので、中級者~の購買意欲を掻き立てる性能とはいえません。

初心者からすれば、ナイロンと比べてPEやエステルやフロロがどれだけ扱いづらいかってことがそもそもあまりわからないだろうから、初心者の購買意欲を刺激する性能とも言い難い。

こう見てみると、ウルトラライトゲームにおいてナイロンラインって業界やメーカーにとって積極的に「これを売っていこう」っていうインセンティヴがあまり働かないラインといえるでしょう。

どのメーカーも推しラインはPE・エステル・フロロで、ウルトラライトゲーム用のナイロンラインを販売していないメーカーもあれば、ナイロンラインはあるけど、あくまで「少ないながら需要はあるかもしれないから」感がスゲー伝わってくる。

ナイロンラインがウルトラライトゲームで推されないのは、メーカーにとって「あまりお金にならない」という事情が見え隠れしています。

圧倒的におすすめなナノダックス

僕がメバリングやアジングといったウルトラライトゲームにどっぷりハマっていたときに、興味本位でナイロン・フロロ・PE・エステルのすべてのライン(すべての商品ではない)を使ってみました。

確かに、豆アジを狙うのであればエステルはとても使い心地のいいラインでした。

また、漁港でアジを狙うときにはディープエリアを攻めるためにフロロはかなり効果的でした。

あるいは、障害物の少ないエリアで良型のメバルを狙うときは引張強度もあって遠投もできるのでPEを最も重宝していました。

でも、結局一周してたどり着いたのは、圧倒的な扱いやすさという点で3lb(または4lb)のナノダックスでした。

※ナノダックスについてはコチラ

関連記事

アジングやメバリングのようなウルトラライトゲームって、ハマってくればくるほどスッゲー悩むのがラインです。主流はフロロカーボンですが、もっとディープな世界に足を突っ込んでくると使ってみたくなるのがエステルラインです。でも、こ[…]

リーダー不要、ドラグ調整は大雑把、指先にしっかりと伝わるラインの感触、糸グセがつきにくくトラブルレス、フロロと同程度の低伸度、重めのジグヘッドをスローに引けて、しかも飛距離も出る、etc…

尖った性能という点ではどのラインと比べても見劣りしますが、誰がどんなシチュエーションでどういうふうに使っても同じように仕事をしてくれるライン(使い手を選ばないライン)という意味では最強です。

Sponsored Link

入門者はストレスフリーに釣りをした方がいいよ

メバリングやアジングといったウルトラライトゲームで、まずおすすめされないラインがナイロンラインです。

メディアでは「それらしい感じ」でナイロンのデメリットが語られることがありますが、多くの場合は許容できるデメリットといえるます。

逆に、ナイロン以外のラインで推される尖った性能(長所)も、シチュエーションが変われば役に立たない性能になったり、場合によっては短所にもなる性能ということもあり得ます。

一言で『ラインのメリット・デメリット』と言っても、メリット・デメリットの程度や重要度には違いがあります。

それほど大きくないデメリットを延々と語られることもあれば、ナイロンラインのようにメリットをメリットとして語られることがない場合もあります。

入門者にとって冬のウルトラライトゲームの一番の大敵はライントラブルです。

ライントラブルをいかに減らすか?が冬のウルトラライトゲームを存分に楽しむためのコツといえます。

そういう点では、ナイロンラインの最大の武器である扱いやすさ入門者の大きな味方になってくれます。

もう一度ナイロンのメリットを見直して、冬のウルトラライトゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?



Sponsored Link