業界本位?お手軽フィッシングがお手軽じゃなくなったことがマジで悲しい

身近な人から

ビギナー
ルアーフィッシングやってみたい!

といわれたとき、どんな釣りをおすすめしますか?

僕なら、とにかく1番はエリアトラウトフィッシングをおすすめします。

理由はルアーフィッシングに必要な知識動作経験が凝縮されているから。

でも、エリアトラウトだと管理釣り場まで行かないと釣りができないので必ずしもハードルが低いとはいえません。

てか、エリアフィッシングだとハードルが高い低いというよりも、お手軽感があるとはいいにくい。

毎回、管理釣り場まで車を走らせて、数千円を払って釣りをする。

まとまった時間のあるときでなければ釣りができません。

そう考えると、ルアーフィッシングを始めてみたい人に次におすすめできるのはメバリングやアジングのようなウルトラライトゲームです。

理由はとにかくお手軽ということ。

加えて、エリアフィッシングほどではありませんがウルトラライトゲームにもルアーフィッシングに必要な知識・動作・経験が凝縮されています。

ところが、業界本位なのかメーカー本位なのかわかりませんが、ウルトラライトゲーム業界が入門者にとってめちゃくちゃハードルが高いものなりつつある!

エリアトラウトロッド片手にメバリングを始めた世代からすると、このお手軽感こそウルトラライトゲームの魅力だったのに、だんだん入門者にとって敷居の高い釣りになってきています。

このページでは、業界やメーカーの思惑どおりにハードルが高くなってしまったウルトラライトゲームについてご紹介します。

SWライトゲームの魅力

ソルトウォーターのウルトラライトゲームの魅力はたくさんあります。

ゲーム性の高さもその1つです。

その魅力の中でも僕がもっとも押したい魅力は

お手軽

に始められるということ。

自宅にある柔らかめのロッド、コンパクトなリール、ナイロンライン、2g程度のジグヘッドにワームというとても軽量なタックルで釣りができます。

狙える魚種も様々。

メバル・アジ・カサゴ・カマス・チヌ・セイゴ・ハタ類など、漁港に生息していて小魚・エビ・カニなどを捕食しているような魚であれば何でも狙うことができて、坊主も少ないです。

釣りを始めるためのハードルがとにかく低いのがSWウルトラライトゲームの最大の魅力だと思っています。

女性や子どもがルアーフィッシングを始めたいってときにはエリアトラウトと並んで最適な釣りといえるでしょう。

どんどん上がるハードル

そんなお手軽・簡単・身近な釣りであるはずのSWウルトラライトゲームですが、ここ10年間で一気に専門性が高くなりました。

それに伴って、初心者に勧められるタックルがどんどん扱いづらいものになっていきました。

ロッドの高弾性化

15年ほど前までは、今のような高弾性の5ft台のショートなアジングロッドなんかなく、アジを狙うアングラーは短くて柔らかめのメバルロッドでアジングをしていました。あるいはバスロッドのULロッドとか。

その頃のアジングに対する考え方の主流は、アジは口が柔らかく、吸い込んでからすぐに吐き出す捕食方法だから、オートマチックにフッキングができるように食い込みのいいソリッドティップのロッドが向いているというものでした。

この考え方が、次第に『豆アジの素早く、でも弱々しい吸い込みと吐き出しをオートマチックフッキングに任せるのは限界がある』という方向に変わっていき、『アングラーから掛けていく』という今のスタイルが確立されていきました。

そこで、豆アジの弱々しいバイトをより明確に感じられるように高感度の高弾性ロッドが主流になっていきました。

地域によっては40cm級のギアアジが狙える場所もありますが、アジングといえば多くのエリアでは20cm前後くらいまでがターゲットでした。そのため、タックルは繊細・高感度かつアクティブなロッドが求められるようになっていきました。

ショートロッド化

『オートマチックにフッキングを任せる』スタイルから『アングラーから掛けていく』スタイルに変わっていくにつれて、ロッドは、6〜7fのメバルロッドから操作性の良いショートロッドに変わっていきました。

自分でも使ってみたこともありますが、確かに6.6ftのロッドと比べると5ft台のロッドの操作性は抜群で、

ショーカラ
こんなに違うものなのか!?

と驚くほどでした。

また、ショートロッドは感度も良いと言われているため、アジングのショートロッド化は加速していきました。

ショーカラ
ただし、短い方が感度がイイというのはいまいち体感できなかった

リールは遅ギア

タックルバランス的には謎ですが、ウルトラライトゲームの世界では遅ギアリールが推奨されます。

まぁ、一応、建前のような理由はあるのですが…

本当に建前だけって感じの理由。

スローなゲーム展開が基本だから巻き速度の遅いローギア

ということです。

PE・エステルラインが主流へ

僕がメバリングやアジングを始めたころは、ほぼナイロンかフロロでした。

感度という点からナイロンよりもフロロの方が好んで使われていました。

ただ、風の強い真冬の日本海でライントラブルが起こると煩わしいので、僕は長らくナイロン(その後にナノダックス)を使っていました。

ところが、やはり感度を求めるとラインの伸びは大敵。

そこで、メバルやアジングでも感度がいいPEラインがユーザーの支持を増やしつつ、エステルというPEライン並みの高感度とフロロに並みの水なじみの良さ(沈みやすさ)を実現したスーパーラインが一気に主役に躍り出ました。

初心者に扱い難いタックルバランス

↑このようなタックルが現在のウルトラライトゲームの主流です。

ただしメバルロッドの長さは逆にロングロッド化傾向にあります

じゃあ、『メバリング始めてみたい!』とか『おうち時間にも飽きたので、密にならない場所でルアーフィッシングやってみたい!』って入門者にこれらのタックルセッティングをおすすめするのか?といえば

ショーカラ
それはあり得ないでしょ

ってのが僕の感想。

『掛ける釣り』の難しさ

これは「お前が下手くそなんだろっ」て言われれば、ぐうの音も出ないんだけど…

ハッキリ言ってSWウルトラライトゲームで『掛ける釣り』ってのはドMな釣りスタイルだと思っています。

プロアングラー
キスバイトを捕らえて電撃フッキング!

みたいなスタイル。

ビギナー
えっ、どちらかといえば攻めの釣りじゃない?

って思うかもしれませんが…

初めてのメバリングやアジングを楽しもうってときにそんな『アングラー側から掛けていく』なんて制約をはじめから課す必要はそもそもありません

目の前にいる魚が、じゃれてくるだけでなかなかしっかり食い込まない魚であれば、場所を移動すれば済む話です。

もっと簡単に釣れる魚を探せばいい。

向こう合わせでもバンバン食ってくるアジがいて、それをフッキングに持ち込めるタックルがあれば普通のメバリング・アジング入門者にとってはそれで済むはず。

にもかかわらず、あたかも『掛ける釣り』こそアジングのスタイルのような宣伝して、ショートでパッツンパッツンの高感度ロッドを勧められても…

ショーカラ
たぶん入門者は使いこなせないと思うわ、マジで

ビンビン伝わってきたアタリを捕らえた瞬間掛けにいく!

この攻撃的なタックルバランスが入門者にとっての最適解なのかといえば

ショーカラ
それはあり得ないでしょ

って本当に思います。

それを『アジング入門』的なタイトルの記事でメバリングとかアジングの第一人者的なアングラーが勧めるもんだから、入門者の中にはその扱いの難しいタックルバランスが普通だと思っている人もいるようです。

これは実に悲しい…

というか、ウルトラライトゲームのお手軽感を失わせるものでとても残念に感じています。

なぜ遅ギアリール!?

ウルトラライトゲームでは

一に感度二に感度三四も感度で五も感度

ってくらい、感度が重視されます。

確かに、小さいアタリを掛けにいくためには感度操作性っていうのはタックルに求められる最重要ファクターです。

でもそれなら、なぜ感度のいいハイギアリールでなく、違和感(アタリ)を感じにくいローギアリール!?っていう疑問は大きい(;´・ω・)

まぁ『スローなゲーム展開が多いからスローに巻ける遅ギア』ってのが入門者向けの稚拙な理由なんですが。

一つだけ入門者が誤解しないためにも言わせてもらうと

ハイギアリールで遅く巻くことが法律で禁止されてるわけじゃないからね

ショーカラ
ハイギアリールでじゃんじゃんスローに巻いちゃってくれてOKです。
別に逮捕されませんから。

スローに巻く方法がわからない人もいるかもしれないのでスローに巻くコツを教えときます。

ショーカラ
手をゆっっっくり動かす

それがスローに巻くコツです。そうすればゆっっっくり巻けます。

ハイギアリールをローギアリール以上にゆっくり巻けば、当然、ローギアリールと同程度のスピードで巻くことができます。

もちろん遅さの限界はありますが…

ただ、ハイギアリールの遅さの限界が問題になることなんて普通はありません。

なぜか『スポーツカーは時速10kmでは走れないし、走っちゃいけない』的な話が前提になっていますが、スポーツカーだって時速10kmで走れるし、走ってもいいんです。

ショーカラ
公道で10km/hは迷惑だけどな!

リールだって同じです。

ハイギアだから遅く巻けないし、遅く巻いちゃいけないってこと全然ありません。

どんどん遅く巻いて下さい。

ハイギアリールで遅く巻くコツは『ゆっっっくり巻く』ことです。

あの異常なまでの感度至上主義にもかかわらず、なぜリーリング感度を捨てる!?って疑問はとても大きい。

プロレベルであれば遅ギアでもわずかな違和感を拾えるのはわかりますが、お手軽フィッシングの入門者にプロレベルの感覚を求めないでほしい、本当に。

扱いづらい極細糸+リーダー

ウルトラライトゲームで主流といわれるPEラインとエステルライン。

どちらも、低伸度・高感度でウルトラライトゲームの面白さを存分に楽しめるラインです。

でも…

ショーカラ
マジでそれを入門者に使わせるの?

って感じ。

それくらい、入門者が手を出さない方がいいラインだと思っています。

まずはPEライン。

0.3号みたいな細っそい糸が本当に入門者にトラブルレスで捌けるのか

本当にビギナー目線で考えたことあるのか…。

プロアングラー
お前が不器用なだけだろ!

といわれれば否定はしませんが、極細糸をトラブルレスで捌くことって誰にでも当たり前にできるってわけではないでしょう。

ショーカラ
僕なんて歳をとったせいで、最近は極細糸が見えづらくて結びにくくなってきているというのに…

ま、私情は置いといて、とにかく入門者には捌きにくい(と思われる)のが極細PEです。

次にエステル。

適度に水に沈むし、感度もPEみたいにビンビン伝わってくるから、ラインの扱いに慣れてるセカンドステップ以上のライトゲーマーには本当にいいラインです。

だけど、エステルってわけもわからず不意にあっけなく切れることありません?

僕が使ったラインだけかな?謎の切れ方をするのって…

いや、そんなことないですよね。

長くエステル使ってるライトゲーマーなら、一度くらいは拍子抜けするくらいあっけなくラインが切れる経験をしてますよね?

ライン捌きに不慣れな入門者は、どこでラインを擦るかもわからないのに、そんなあっけなく切れるラインをおすすめします?

ショーカラ
普通はしないと思うんですが…

ライントラブル続きで釣りが嫌いになりそう。

実際にビギナーでスピニングリールに絡まったラインを何分もかけて解いている人いますよね?

あれを見て

プロアングラー
誰もが通る道だから頑張りたまえ、ハハハッ

みたいに思ってるのかな?

さらにはこれらに不可欠なショックリーダー。

リーダーを組むことが億劫で自宅で組んでいくアングラーもいるくらいなのに、リーダーが不可欠なラインを入門者に勧めます?

そもそもソルトライトゲームって、もっとお手軽な釣りのはずじゃん?

お手軽なエサ釣り代表が防波堤のサビキ釣りブッコミ釣りだとしたら、お手軽なルアーフィッシング代表エリアフィッシングウルトラライトゲームじゃん?

サビキにしろブッコミにしろエリアトラウトにしろウルトラライトゲームにしろ、極めようと思って上を見ればキリがないけど、お手軽に入っていけるのも魅力じゃん?

それなのに、入門者が億劫に感じるようなショックリーダー必須の扱いの難しいラインを初めから勧めるのは、僕の感覚ではちょっと理解できない。

僕が過保護なのかもしれないけど、僕の場合はとにかく「釣りを楽しんでほしい」「釣りを嫌いになってほしくない」という気持ちの方が強いので、なるべくフロロすら避けてナイロンを勧めます。

まぁPEやエステルと比べるとフロロの方がまだ扱いやすいのでフロロでも構いませんが。

いずれにしても、お手軽感を失わせるような要素や釣りを嫌いになりそうな要素の大きいPEやエステルをウルトラライトゲームのビギナーに勧めてほしくないって思います。

もう一度ライトゲームをお手軽に!

2020年はCOVID19の流行の拡大に伴って、密集を避けるため、遊びの機会をアウトドアに求める人が増えました。

釣り業界もその影響を受けて、今まで釣りをしたことなかった初心者から、釣りはしたことあるけど長らくやっていなかった経験者まで、幅広い層の人たちが釣りをきっかけになったといわれています。

釣り業界の裾野の広がりは、タックルや技術、メソッドの進化に不可欠な要素です。

でも(意図せずして?)この裾野の広がりを狭めるような傾向も見られます。

それがウルトラライトゲームにみる極端な専門化です。

本来はお手軽に始められるはずのウルトラライトゲームの標準タックルとして専門性の高いロッドやラインが勧められ、入門者にはハードルが上がる原因になっています。

皆さんはぜひ、釣り業界本位の雑音に惑わされず、お手軽なウルトラライトゲームの世界に足を踏み入れてみてください。

ショーカラ
よろしければ↓コチラもどうぞ



Sponsored Link