【超快適】ウェアだけじゃない!超快適なオススメ防寒グッズをご紹介!

秋も終盤に差し掛かり、本格的に冬の準備が必要な季節になってきました。

多くのアングラーが、そろそろクローゼットから防寒着を出してきたり、ライトゲームタックルを準備し始める頃です。

アングラー
どれだけ防寒対策しても寒いもんは寒いっしょ

といってコタツムリになっているそこのアナタ!

きちんとした防寒対策をすれば冬でも快適に釣りを楽しむことができます。

このページでは冬の釣りを快適にしてくれる防寒グッズをご紹介します。

ウェア以外も超大事!

ほとんどのアングラーが防寒対策として思い浮かぶのがアウター(ミドラー)ニット帽グローブといったウェア類です。

どこにお金をかけるかといえば、ほぼ↑のどれかです。

確かにこれらにお金を掛けずして『防寒対策』を謳うことはできません。

でも、ぶっちゃけウエア類って、家にあるものを重ね着すればそこそこ暖かい。

動きやすさとか快適さを抜きに考えれば、そこまでお金を掛けなくても寒さを防ぐことができます。

でも、冬に釣りをして本当に冷える場所はどこか?

それは手足の指の先です。

ここが寒くなるの、手を何度もポケットに入れて温め直したり、ブーツの中で足の指を何度も何度も動かしたりして血流を良くして手足の先を温めます。

実は冬に快適に釣りをするために重点的に温めなければならないのは手足の先です。

ここでは、手足の先を温めて冬の釣りを快適にするためのグッズを紹介します。

Sponsored Link

手の指先の防寒対策

指先の防寒対策で真っ先に思い浮かぶのはタイタニュームグローブです。

でも、フィッシンググローブはラインの結び替えのために指先が露出しているものがほとんどです。

なので防寒グローブのほかにも手の指先の防寒対策が必要になります。

それが手首用カイロです。(カイロといえば桐灰です)

手首を温めることで指先へ流れる血液が温められて指先が温かくなるのです。

手首の内側にカイロがくるように巻きます。

足の指先の防寒対策

これは足首用のカイロです。

手首と同じように足首を流れる血流を温めることで、足の指先がずいぶん温かくなります。

正直なところ、手首と足首のカイロがあればかなり冬の釣りを快適にすることができます。

足首から下を外気から守ってくれるのがスノーブーツです。

2018年の冬に初めて使ったみたのですが快適すぎて普段履きのブーツになってしまいました(笑)

それぐらい暖かくて快適です。

しかも超絶に軽い!!

スノーブーツは雪なんて降っていなくても超絶に快適なのでぜひ試してほしいアイテムです。

これは電熱式のインナーソール(中敷き)です。

USB充電式なので簡単に充電でき、低温設定で10時間発熱するので一晩釣りを快適することができます。

これはもはやコタツです。

スノーブーツの中に電熱インソールを入れておけば、コタツに足を突っ込んでいるのと同じくらい快適です。

メリノウールは速乾性がないためルアーフィッシングのインナーとしては不向きですが、暖かさが重要になる足首周りではとてもイイ仕事をしてくれます。

とにかく暖かい。

メリノウールのソックスを履くと「靴下」の概念が一変しますよ、マジで。

足首用カイロスノーブーツ電熱インソールメリノウールソックスを揃えれば冬の釣り場で無双できます。

フェイスギア

これを使えば、冬の釣り場でネックウォーマーやフェイスマスクで顔を覆わないって選択肢はありえないってことがハッキリとわかります。

最近はマスク社会なので風の冷たい日にマスクをしていると、どれほどマスクの恩恵が大きいか身に染みてわかります。

マスク1枚あるだけで顔の冷たさがずいぶんと違います。

フェイスマスクは冬の釣りでは必携といえます。

難点はちょっとカッコ悪いこと。

とはいえ、顔はほとんど見えず誰かはわからないので、カッコ悪さは気にしないでください。

Sponsored Link

まとめ

アングラーの多くがお金を掛ける防寒対策といえばトップスボトムスアウターがほとんどで、指先対策はおろそかになりがちです。

でも、手足の指先を温めるだけで冬の釣りが一気に快適になります。

ぜひ指先の防寒対策をしっかりおこなって、快適な冬のフィッシングライフを楽しみましょう。



Sponsored Link